FC2ブログ

”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

フランスの植民地だったアルジェリア

Bonsoir

先日 友人の知り合いが日本に仕事でくるというので、友人いないしよかったら一緒にお茶でも飲んであげてという依頼があって、、、結構 フランスからそんな依頼はたびたびあるので 全く知らないフランス人とお茶飲むことは慣れっこになってます

今回の人は、フランス人のお母さんとアルジェリア人のお父さんのハーフ。と言っても そのフランス人のお母さんの母方の家系はイタリア系、父方の家系スペイン系、で お母さんはアルジェリアでスペイン語の大学教授だったとか、、、お父さんの母方の家系はアルジェリアだけど 父方の家系は トルコ。。。もう 混ざる混ざる。。。こんな混ざっている人っているのね・・・そしてそのお父さんは数学の大学教授。両親が大学教授の彼が優秀じゃないはずもなく

アルジェリアの歴史があまりわかってない私は興味津々。フランスの植民地だったアルジェリア。19世紀フランス人はアルジェリアで一攫千金を夢見て海を渡ったという。彼のお母さんはアルジェリア生まれ。その後フランスへ持ってきた、いわゆるピエノワール(Pied noir)  有名どころは 作家の カミュ (異邦人などで有名) それから イヴ サンローラン ジダン(サッカー) 女優の一時ほされた あの沢尻えりかのお母さんもこのピエノワールだそうだ。なんかちょっと納得したりして

彼は高校卒業してから一家でアルジェリアを引き上げフランスへ。その後フランスの大学を出て今の会社に。アルジェリアで住み続けることに不安がありフランスへ引き上げたのです。。。いわゆる移民です。そのくらい国の治安が大変だったわけです。
なぜ そんな話になったかといえば、、、2015年のパリのテロ以来 フランスへの渡航が日本人が激減している話をしたから。
彼曰く、「アルジェリアと比べたら フランスのテロの事件は比べ物にならない」 と。なんか 胸がいたくなりました

たいていの日本人が抱いているフランスのイメージとは かけ離れたたくさんの移民を抱え、人種のるつぼでいろんな差別や偏見が渦巻いている国なんだと 再認識しました。これは旅行では絶対に感じられませんね
アルジェリアで生まれた彼でも フランスで生きていて 自分はイスラム教じゃないと言って、なんでも食べるし お酒も飲んでました いろんな経験をしている人と話すのはとても面白いですね。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

滝のごとく

Bonjour

いよいよ今回のメインの観光 奥入瀬渓流です 数年まえから念願の地
百聞は一見に如かず ということで・・・  是非是非 まだ一度もいかれたことがない方は行ってみてください 間違いないです。約15キロもあちこちにいろんな滝が続く奥入瀬は一見に値します

奥入瀬渓流 13 奥入瀬渓流 15 奥入瀬渓流 1

奥入瀬渓流 10 奥入瀬渓流 2 奥入瀬

滝のごとく 勇敢でありたいと この滝をみながら思っておりました。
奥入瀬渓流 8 奥入瀬渓流 7

奥入瀬渓流からちょっと走ると 十和田湖です。十和田湖といえば 乙女の像・・・高村光太郎作
乙女の像 十和田湖 観光船 十和田湖

日本にはいい所がたくさんありますね・・・・奥入瀬渓流を歩きながら きっと自然の好きなフランス人は奥入瀬渓流に感動するだろうな~~と思っておりました
いつかフランス人の友人たちを奥入瀬渓流に連れて行きたいな

Mille joies Planning
Mieko SATO

八戸の海鮮

Bonsoir

一の関から新幹線で 盛岡乗換で八戸へ 東北新幹線はとても綺麗で広い感じ
この日は 温泉旅館宿泊ではないので 夕食がついてないので 町の居酒屋へ。 
八戸の駅には 祭りの飾りが・・・
八戸駅 まつりの飾り 八戸

八戸の駅に隣接したホテルにチェックイン後すぐに徒歩で 
もちろんホテルの受付の人に美味しいところを聞きました
八戸 浜小屋
入れないかもしれないということでしたが トライ。。。入れました
八戸にきたら 食べないと、、、 うに、、、あわび、、、ほや貝、いか、、、、大 大 満足の夕食となりました
八戸 浜小屋.うに 八戸 浜小屋.あわび
八戸 浜小屋.ほや 八戸 浜小屋. ほや外観
ほや貝を刺身で食べられるなんて 東北に来た甲斐がありました。こんな美味しいの東京では食べられません。
でも 友人は一切れ食べて 私にすべてくれました。ほや はくせがあるので・・・私は大好き
八戸 浜小屋.刺身盛り合わせ 八戸 浜小屋.サーモン
このイカの美味しかったこと、、、真いかです。そしてサーモン
。私は普段はサーモンは頂かないのですが これは頂きました

そして 次の日は朝レンタカーして いよいよ 今回のメイン 奥入瀬渓流へ向かいました。その前に八食センターという市場へ。。。市場は楽しいですね
八食センター 毛ガニ 八食センター タコの頭
こんな市場にきちゃうと 八戸に滞在して 自分で料理したくなっちゃいます つーか 料理しなくてもそのままで・・・美味しいものたくさんでした

Mille Joies Planning
Mieko SATO


鳴子温泉から一の関まで

Bonjour

かねてから行きたかった温泉 鳴子 
鳴子といえば こけしが有名で街のあちらこちらに大きなこけしが置かれていました
宿泊した鳴子ホテルにも・・・
鳴子のこけし
鳴子ホテルの玄関にレンタカーでつけて 降りたとたん  鳴子温泉 にきた~~~って洗礼をうけました。
そうです 硫黄の香り。。。
鳴子ホテルは評判のよいホテルで 夕食はブッフェなんですが 目の前で作ってくれるブッフェ(最近は増えてきました)
なんといっても お風呂をメインに考えた鳴子の滞在です。
若かった美智子皇后さまもこのホテルを訪れていらしたようで写真が飾られてました
このホテルはちゃんと 生のお花が飾られておりました。さすが です
鳴子ホテル 花
やはり 花は生ですよね・・・ 造花を飾るくらいなら ないほうがいい ちょっとしゃれた器だけの方がどれだけましか。。。と私は思います。造花に埃がたまっているなんていうのは 目も当てられません

温泉に満足し お食事もまあ文句なく・・次の日は 鳴子峡をみて、、
鳴子峡
この日はこの旅のなかでぐずついたお天気でしたので、寒いし(東京が台風のあとの暑さのとき ここ東北はくもり 時々雨 の寒い日でした)
そのあとは 鳴子をあとにして 岩手県 一ノ関にもどるまえに 2つほど観光。 猊鼻峡 と 厳美渓へ
猊鼻峡 では 船下りをする予定が 小雨がちょっと強くなったので断念。
げいびけい フナ下り げいびけい 写真 げいびけい 名勝
じつはこの猊鼻峡の船乗り場は紙すきをやっているお店がありました。そこでしか買えないという紙製品をゲット
げいび 紙漉きのお店 ゲイビ 紙 ゲイビ 紙漉き

そのあと 厳美渓へ。。。ご存知 川向うからダンゴが飛んでくる名勝地
厳美渓
厳美渓 川 厳美渓 お団子のロープ 厳美渓 お団子

この日の夜は 八戸駅隣接のビジネスホテル宿泊なんで ここらでまた温泉はいっとこか ってことで
厳美渓のあと 近くの温泉で一息 いつしま温泉(とってもスタッフが親切でした)
いつしま温泉 傘 いつしま温泉 フロント
温泉つかって 一息ついてから レンタカーを返却まで少し時間があったので 厳美渓の近くの道の駅へ
厳美渓 道の駅 厳美渓 道の駅のトマト プチぷよ
プチぷよっていうミニトマトを買って 一ノ関へ
一の関 七夕飾り ようこそ一の関へ 一の関 ぴかちゅう
一の関をあとにして 一路 八戸へ。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

平泉

Bonjour

数年間から いつか行きたいな~~と漠然と思ってました、中尊寺金色堂と毛越寺。世界遺産でございます
藤原家の栄耀栄華を肌で感じてきました。
ここに 義経もいたのかと 思ったり。。。悠久の歴史を感じます。
毛越寺 毛越寺門 毛越寺内

毛越寺 緑 毛越寺 池 毛越寺 松

毛越寺 紅葉ベスト 毛越寺 はす 毛越寺 紅葉

毛越寺から数キロのところに中尊寺があります。歩こうと思えば歩ける距離です。お天気がよければ歩くと気持ちいいと思います。
中尊寺は自然のなかに静かにありました。金色堂はその中にあり、栄耀栄華を極めた藤原氏でなければ作ることができないものだとよくわかる、ゴージャスな建物です。ただ写真はとれないので、ご紹介できませんが・・・是非 現地へお出かけください
中尊寺 門 中尊寺 松

秋は秋でとても綺麗だろうな~~と、思って帰ってきました。

Mille Joies Planning
Mieko SATO




プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる