FC2ブログ

「パリの国連で夢を食う」 

Bonjour

今 話題の「パリの国連で夢を食う」って 書物はご存知でしょうか・・・私も興味あって 読みたいと思っていたのですが。。。
この若さで この決断 潔さ かっこいいですね 川内有緒さん
みなさんも ご存知でしょうが、、、国連の職員として31歳でパリに行かれた女性です。もしそのままお勤めして25年勤めたら高額の年金 と職員だけに渡される専用のパスポート など 特権をあげたら おったまげるものばかり
それを 手放して書くこと に情熱を注いでいる女性です。若いからこそ その選択ができたのかもしれませんが・・・でも やはり 年齢だけではなく 彼女の気高さがそうさせたのだと思います

彼女のインタビューを見ました。一つひとつに 納得 そうそう って読んでました。
「いろんな 人生があっていい。誰かと競争するんじゃなくて 自分で考えて行動する。たとえ それが、人から見て おかしなことだったとしても。」  まさにこれは フランスの国 が教えてくれたことだと思います。
私も同じこと 渡仏して 感じました そして今があると・・・私も かなり 日本人的な路線からは外れてますし

「日本人は楽しみを後にとっておこうと考える人が多いと思うのですが、フランス人は快楽的で、”今、楽しんで何が悪いの?” という感じ。私自身も”そうだ、今の瞬間、瞬間を思い切り楽しまなくちゃ損だな”って」って 話されているところもありましたね。 今さえよければいい というのも 問題ではありますが 今を楽しめない人は 後からの将来も楽しめないと私は思いますね 

ちょっと 眠っていた私のパッションが目を覚まし始めた気がします たった一度の人生を 思いっきり生きなきゃ 損損 なにかができないことを 人のせいや環境のせいに してはいけない。自分がするときめて 動くしかないのですから・・・・ 人だって 環境だって そのパッション で変えるくらいの勢いがなきゃ ガッツポーズ の人生は歩めないですね。。。ガンバろっと

Mille Joies Planning
Mieko SATO

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/tb.php/907-6134e508