FC2ブログ

カーネーション から学ぶ事 

Bonjour

今 朝の連ドラ が 大阪岸和田が舞台で コシノブランドで有名な3姉妹のお母様のお話だそうで。。。私も見たり 見なかったりなんですが。

この前とても 印象に残るシーンがありました。ワーホリに行かれる方々や 今から就職される方々が 見てたらいいのにな~~と思うシーンでありました。

主人公の糸子が ミシンを自分の人生のダンジリと決め 女学校を中退してまで 働くことになった初日。それまでは女学校の帰りに お客さんとしてお店に行って ちょろちょろっと手伝ったりしてみんなに可愛がられているように思えたわけです そりゃそうですよ。単なる お客ですから。。。従業員だって 親切だし 優しい。

旅行でフランス行くのとワーホリで働きに行くのとは大違いって事に通じます。

所が 働くとなれば 話は別。 そういうことがわかってない お嬢様だった訳です。お父さんは働きに行くに際し 再三 「勉強だと思え」 働きにいくなんて思うな と。。。でも全くその意味がわからないわけです でもまだ救われるのは この時代の親です。 「勉強だと思え」 と叱咤できるのですから。

ところが、、、糸子は全くその意味わからず 毎日つらく感じ 泣きまくり(いい勉強するわけです。まさに)
最初は 一番に会社に行き 窓あけから始まる。 ミシンどころか 生地にも触らせてもらえない。。。お前は新米じゃ~~ 10年早いと。お茶くみ と窓ふき 掃除。。。それからしたら 今の会社は天国ですね。お茶くみもない、お掃除もお掃除する方がいる、最初から 一人一台 パソコン があったりして それで 自分の能力がなくて注意されたら 逆恨みかストレスで病む。どうなってんだろって思います。意地悪な先輩 当たり前 意地悪じゃないんです。そうやって訓練されていく。

そういえば 私が森ビルに就職し数年たって 後輩が入ってきたとき 一人いましたね。 国立大学の中でも一流の方でしたけど(どんな有名大学でも 関係ない 新米は新米じゃ~~) 私はシュレッダーをしてくるように言ったんですね。まだ 入社して数カ月しか経ってなければ それくらいしか頼めない。。。それなのに そいつ 「俺はシュレッダーするために 森ビルに入ったわけじゃない」 って ぬかしてけつかる 「アホか こいつ」 って思って 「へ~~じゃ 今のあんたに何ができる?」って聞いてやったら 黙ってシュレッダーしに行きました。 

そそ こんな事も最近ありました。 今、私は体の為に クラシックバレエ 週2で通ってますが、つい最近新しい方が入ったんですね。もうある程度年齢は いってますから、まさかと思ったんですけど。
入ったばかりの いうなれば新米ですよ~~ 見かけは古米だけど それがです。なにもしない バーをね 人数が多くなると出すわけです。でもそのバーを 全員が持っても その人だけ持たない これで何回かご一緒しましたが 毎回 もった事がない その神経が私には理解できません 趣味で通っている場所で 雰囲気悪くしたくないし 目をつぶりますが。。。きっと この人は 会社で訓練されなかったんだなと また親御さんにもなにも言われないできたんだなと思いました。 もうあの年になったら 誰もいえません お気の毒さま

今は なんでも平等平等 本当の意味の平等とはき違えている気がしてなりません。若い人を大事にするのは甘やかす事ではないのです。 私は大事に思うからこそ 恨まれても 言うべきことは言って行こうと思ってます。それが 私の流儀。ミルジョワは大歓喜 本物の歓喜を味わうために。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/tb.php/415-e9703ebc