FC2ブログ

Mille Joies Planning

”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

地震

Bonjour

大変なことになりました
東北の方々 被害をうけた方々 お見舞い申し上げます。またお亡くなりになられた方々 ご冥福をお祈り致します。 なんて 簡単に本当は書きたくないし かけることでもないのですが、他に手立てなく。。。

私は金曜日は仕事がたまたまなかったので、母を温熱治療・可視光線療法に車でつれていってました。車で約1時間のところにあります、治療院 2時からの予約で、45分の治療。まさに終わる頃、揺れた揺れた。母を連れていくついでに 私も一緒にしてもらってるんです。ほとんど上半身 はだか 状態で治療はするんです。

金曜日もそろそろ終わろうかというとき、、、なんか ブルトーザーかトラックか でも何台も通っているのかと最初は思ってたんですが、なんか違う。。。母が地震じゃないの?って隣のベッドで 言い始め、、、 先生たちは歩いてるので気がつかず、でもだんだん大きな揺れになり さすがに気がついて、、、でも 私は横になってるまま。「あの?? このまま私寝てていいんでしょうかぁああ?」って聞いたら 「早く洋服もって外 出て」 って言われ 「えええ このままかよ???」 下着をつけたのは 開けっ放しの玄関で  急いで着替えて なんてしてたら 地震はおさまってきました。母はちゃんと更衣室で着替えてたみたいで(誰も そっちのほうが見ないっちゅうに)笑えました。

余震はそのあとも続いていたものの、まだ その時点ではここまで大変な事になっているとは知らず、そこでお茶のんで 車で帰りました。渋滞もなく(そのあと凄い渋滞だったようです。本当に私はラッキーでした) とはいえ 赤信号で止まったりすると 余震を感じ(車の中でもですよ)ちょっとずつ 事態の重大さを感じながら帰宅した次第です。東京は本当にパニックになっていたようです。交通機関のマヒは致命傷ですね。

家の中はどうなっているかと心配しながらも 全くなにも 落下物もなく 乱れもなく 本当にほっとしました。

その後 TVで どんどん 悲惨な映像が入り これは大変な事になったと思い始めたら、もう電話とかメールとかつながらなくなり… そのうちインターネットには どんどん フランスとイタリアからメールが来始め、、、その返事に追われてました。 「とにかく 生きているかどうか知らせろ」って感じのメールに きっと世界中で この日本の地震の悲惨さが報道されているのだと思いましたね。

これからもまだまだ余震が続くみたいです。気をつけてといってもどう気をつけるのか と言われそうですが、でも もしどうしてもじゃないなら 外出はさけるとか 自分なりによく判断をして できるだけ 2次災害につながる行動をとらないように気をつけたいものです。

福島第一原発の問題も心配です。地震の災害から どんどん 災害が広がってきてます。最小限に防げるように祈るのみです

どうぞ皆様 くれぐれも油断せず、注意してお過ごしください。

Mille Joies Planning
Mieko SATO


別窓 | 未分類
∧top | under∨
| Mille Joies Planning |