FC2ブログ

春 一番 

Bonsoir

毎日のニュースで ニュージーランドの地震の被害についての報道がトップにきていると思います。
既に 72時間以上が経ち、ご家族の方々もそれはそれは ご心配されているかと思います。心からご無事をお祈りいたします。

本当に こういう事があると 海外への手配をしている私も 他人事とは思えず、、、でも誰の責任でもないので(天災ですから)  どうにもならないのですが、、、だからこそでしょうか… 心が痛みますね

いつもこういう天災があると 感じますが、、、同じ旅行に参加して 同じ教室にいても ひとつの天災によって受けなくてはいけない 災難が それぞれの方によって異なるのを見る度に これが所謂 運命 というものなのかと、、、(宿命・宿業でしょうか)

病気になるのも 事故に合うのも あらかじめ 生まれた時に体に書かれてきたらきっと人間は 恐怖で 生きていけないのではないでしょうか。。。 自分がどんな運命か 何歳になったら どんな目にあうか 知らないからこそ 希望をもって 未来を見つめて生きていける。でも 悲しいかな 運命(宿命・宿業)は どっか飛んでいくわけじゃなく、、起きてしまったなら それを乗り越えていかなくてはいけない。。。

よく 人間は皆平等 だというけれど 私はそうは思いません。 ひとつも平等なんてない。人権は平等に与えられている。。。しかし 生まれた時から 既に平等ではないのです。顔も違えば 生まれてきた環境も 健康状態も違う、、、生まれた場所も 国も違う。。。何をもって平等というのか、、、私にとって 常に考えていたテーマでした。 

きっと みんなそう思っているのではないでしょうかね。じゃなければ あの歌があそこまで皆に慕われなかったのではないかと…「世界で一つだけの花」 そう ONLY ONE ですね。

人間はその人でなけれなできない事が それぞれあって 形が違う… でもその人しかできない事が必ず あるってことが 平等 なんだと。。。

自分しかできない事 自分が楽しく生き生きと生活すること これにつきると 思います

Mille Joies Planning
Mieko SATO