FC2ブログ

”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

フランスワーホリ

Bonjour


先週末にフンスのヴァロンスに行かれた方の鉄道の手配をさせて頂いたんですが、先日お目にかかって、パリCDG空港のTGVの乗り場の説明をさせて頂きました。その日はどういう訳か急に車中で体調が悪くなり、待ち合わせの時間に大幅に遅れてしまったんです

今は携帯ってものがあるので そういう時は本当に助かります

そのお客様は葉山でお料理人をされている(29歳)そうですが、、、とても礼儀正しい方でした久しぶりに感心しました。
待ち合わせした 喫茶店でもきちんと末席のほうに座り、待ってました これって出来そうでなかなかできないし、今の20代の方は どっちが末席かも知らない人も多いでしょう。。。

体調が急に悪くなったとはいえ 私の方に落ち度があるのに いやな顔ひとつせず かえって私を気遣ってくれた優しい方でした。 途中で一度 に立ったんですが そのすきに私のほうに置いておいた伝票をとって支払を済ませてたのです 私の水の下に敷いたはずの伝票がないのに話の途中で気がついて、お客様に尋ねたら 「無理をいって時間をあけてくださったので 私が始めから払うつもりでした」と。。。ええええ??? こんな出来た子って居るの?? ってびっくりしました。 私は私でいくらお客様からの要望で時間を作ったにせよ、お客様ですから 私が払おうと もちろん思ってましたし それでそっと伝票は私の水のしたに置いてたのです。
 この方のご両親ってどんな方なのかな って一瞬にして考えましたね。。。私はもちろん彼女に二人分を渡しましたが、、、受け取らず 最終的にChaq'un ca part (割勘)で決着しました。本当に申し訳なく… その上 フンスへ出発の当日は羽田国際空港から 今から行ってきます、お世話になりましたメールが 本当にきちんとご挨拶のできる素敵な方でした

こういう方にフンスワーホリできちんとしたフンスの料理界で学んでもらいたいって思いましたね。こんな子なら私はどんな苦労も惜しみませんね…また こういう子なら絶対にフンス人に可愛がられ、普通はできない経験ができますから。。。フンス人は 気に行ったら(本能的に人を見抜く力がフランス人はあるように思います。表面的な社交辞令は通用しません) お金は度外視し その人が望む事を提供してくれる人たちだと私は思ってますし 私の周りのフランス人はみな そうなんです

だから 料理人の間では 日本人が経営するフレンチに紹介でフランスワーホリで行く方多いですが(弊社のようなエージェントを使わなければ 無料 ですから) とても残念なんです 結局 場所をフランスにしただけで 経営も日本人 料理人も日本人 言葉も日本語(使ってもなんちゃってフランス語) こんな環境で1年 大事なビザを使っちゃうのが どうしても残念で仕方ありませんア ラ フランセーズ A la francaise を学ぶためにフランスに行くのじゃないんですか? フランスにあるレストランなら ア ラ ジャポネーズ A la japonaise でもいいのでしょうかね

今回お目にかかった礼儀正しいお料理人のお客様にはどうしても 大事なフランスワーホリビザを日本人経営のフレンチで1年使ってほしくないな?? と思ってしまった次第です。そういう方じゃなければ、別にそこまで思わなかったでしょうけど

フランスにおける日本社会に居ては1年居てもフランス語も満足に話せるようにもなりませんからね、、、弊社から渡仏して働いて帰国した子は驚くほどフランス語ができるようになってきますそれは当然です フランス人の中で働きア ラ フランセーズ A la francaise  で1年暮らしてきているのですから。。。

どうか フランスワーホリで渡仏されるお料理界の方々 ア ラ フランセーズ A la francaise  で 過ごす事考えてみませんか?
もちろん ア ラ ジャポネーズ A la japonaise  で過ごすより すべてが挑戦なくして 実現しませんがね…

Mille Joies Planning
Mieko SATO

 




プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる