FC2ブログ

グレートマザー 

Bonjour 

私の主な仕事は フランスワーホリのアドバイスやフランスへの各種の留学 な訳ですが、最近 他の会社の方々もおっしゃってましたけど 留学する人が減っているというのです。

私も仕事柄 たくさんの30歳以下の青年と会う機会があるわけですけどね、確かに 我々の時代より 海外へ行きたいという好奇心というか、向上心というか、、、が薄れている気がします
語学を学ぶなら 今日本には腐るほど 語学学校はあるわけで、、、でも 留学ってただ 語学を学ぶと思っているなら 大間違いです 留学で学ぶことは語学以上に大事な事がたくさんあるんですね。 やっぱり 今でも日本の中に流れる 鎖国文化のDNAが根強いと最近思う訳です。

私の廻りの30歳前後の知人たちも あまり海外に興味がない人が多いんです 仕事柄、ワーホリを勧めたり、留学を勧めて見たりしますけど、、(私がただ 自分のビジネスだけで勧めていると思っている)なんだかパワーがないというか、怖がりというか、失敗を恐れているというか、、、おじいちゃんやおばあちゃんが海外なんて っていうのはわかりますが、、、本当に悲しくなりますね。

先日ある新聞のコラムを読んで納得しました東京大学の大学院教授の 姜尚中さんと 昭和女子大学長のご存知 坂東眞理子さんの対談でした。姜尚中さんが 自伝的小説「母 オモニ」 出版されたのですね。是非読んでみたいと思います。やはり 母親の存在が子供にとってどれだけ大切か。。。私も何度もブログで書いていることですが。

そしてその大学で教えておられるお二人がこう話すのです。
 「最近の大学生を見ていると、留学などで、あまり海外に出たがらないのです。」
坂東「外国に行ったら傷つくことが多いですからね。人に迷惑をかけないように、そして自分は恥をかかないように育った結果、ひ弱になってしまったのだろうと思います。」
そして坂東さんは
「今 私が心配しているのは“グレートマザー”というか、懐の深い、本当に包容力のあるお母様のような女性(姜さんのお母様の事)、母親が少なくなってきていることです」と。
「肉親だけの間のピュアな愛情で結びついた家族というのは、異質な存在を排除してひ弱になっています。おじさんやおばさん、居候がいつの間にか住みついたというような、家族以外の人を受け入れる懐の深さを、今の女性たちがなくしているのが寂しい。」と

まさに私も同じように思います。もう自分の子だけ!大事大事で まさに鬼子母神ですね モンスターペアレンツなんて言葉ができること自体が その証明です。。。それじゃ コスモポリタンな人間は育ちませんね。 母こそ大事 これから母になる女性の皆様 どうか どうか ”グレートマザー” を目指して 子育て 頑張ってください




Mille Joies Planning
Mieko SATO