FC2ブログ

”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

庭の自然とファーブル昆虫記の世界

Bonsoir

7月23日 写真展 「庭の自然とファーブル昆虫記の世界」 開幕いたしました 於:小諸高原美術館 8月23日まで。
海野和男さんが小諸のアトリエで撮った ファーブルが晩年を過ごした街 セリニャン、モンヴァントウ あたりに生息する昆虫とほぼ同じ昆虫を撮影した写真展です。
写真展 たてかん テープカット ファーブル アルマ


 当日は雨にも関わらず 結構沢山の人が来場したようです。個人的にはもっといらっしゃるのかと思いましたが、昨年と比べたら天地雲泥の差のようです。
今年は アンド23というと弊社ミルジョワで盛り上げようと頑張りましたから
アンド23は写真展の外をフランスのマルシェのようにオーガナイズ。パン屋さんやワインやさん フランス をイメージするものを中心にお来場者が写真展だけじゃなく 楽しめるように演出しました。
そして弊社は 海野和男さん側、、、写真展にフランス観光開発機構さんから ファーブルの生まれたところの街の地図や資料をお願いして送っていただいたりしました
昨年関わらなかった人間が数人関わるだけで こんなにイベントは盛り上がるのか、、、わかったのではないでしょうか。
イベントは集客があってこそ、、、どれだけ集客のために力を尽くすかが大事です。そうでなければ ただの自己満足の世界。
本当に子供たちに自然の世界を伝えたい 昆虫の世界を伝えたい と思っているか 自分が好きでやっているだけか・・・自己満足だけなら 人の手を借りず自分だけで自分のアトリエですればいいのです。でも 市を巻き込んで小諸市の子供たちの教育のためという目的があれば それは市民が足を運ぶにはどうしたらいいか という集客をまず考えるのです。マルシェを美術館でやろうという発想も海野さんのアイデア ただ それを形にするには アンド23の力がないと無理なわけです。アンド23がそれを受け止めて動いてくれて今年マルシェができたのです

とりあえず やるか じゃダメなんですよね~~。 やるなら 大成功させる やるなら 小諸市民のほぼ全員がこの写真展を知っているくらいにならないと (足を運ぶ運ばないはおいといて・・・) 市民が知らないなんていうものなら 海野さんの自己満足の写真展で終わってしまうのです。小諸の方々にリサーチしたら ほぼみなさん海野さんのこともよく知らない、アンド23の二人でさえ 知らなかった 写真展も毎年開催しているのに知らない 小諸高原美術館も行ったことがない これじゃ 沢山の方が来るわけがない

海野和男さんはとても子どもに自然に興味を持ってほしいと考えていらっしゃる方と思いましたし、アンド23さんも小諸のこの写真展をなんとか成功させたい思ってくれたと思いました。 それで私ができることをしよう、、、なんとかせな と思いました
弊社は 今年は全くのヴォランティア (どこからも報酬はありません。 勝手に手伝っている状態。報酬どころか 持ち出しです) せめて弊社のハガキくらいは置かせていただきましたが。
でもそれでもお手伝いしたい! 小諸が大好きだし、海野さんの活動をこれからの人に知ってほしいし ファーブルをみなさんに知っていただきたいし。そして何より この写真展を通してフランスの自然のすばらしさを知っていただきたい。大きなお世話かもしれないけれど・・・
 小諸がフランスに気候や食文化が似ていて とても素晴らしい土地であることを自覚して もっともっと開かれた街になってほしいと思ったからです。幸い 小諸の市長 小泉市長はフットワークはよく SNSをフル活用し レスポンスも素早い 今の時にふさわしい市長です。来年の 海野さんの写真展は フランスのファーブルの街から来賓が来るくらいの盛大な写真展にしたいと私はひそかに妄想しております。 これから 小諸市長とゆっくり語らえたらいいな~~と思ってます

やるなら これ以上できないってくらいのものにしたい フランス流に言えば JUSQU'AU BOUT

Mille Joies Planning
Mieko SATO
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる