FC2ブログ

”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

生誕 102年 ご存命なら・・・

Bonjour

今日は 生きていらっしゃれば102歳のお誕生日を迎えられる 大尊敬するネルソン・マンデラさんのお誕生日です 2013年 12月にお亡くなりになって 早7年。時が経てば経つほど その素晴らしさが光をましてきます

先日BS NHK でマンデラさんの生涯を放送してました。たまたま見てとても感動しました もちろんマンデラ大統領は昔から存じてましたが、再確認したという感じでしょうか。

私が始めて フランスへ行った年 1990年30年前。その年の2月11日にマンデラさんは解放されたのです 27年間牢獄に閉じ込められていたのに 屈することなく出獄しましたその映像は脳裏にやきついて離れることはありません。
南アフリカで黒人差別に対して戦いをおこして投獄されたのが1963年。 私の生まれた年です マンデラさん45歳。そして27年の月日をへて 晴れて釈放されたのでした。 72歳になってました。 
 NHKの放送の中で どんなに牢の中が極悪な状況だったか、人間として扱われず、それでも希望を失わず、耐え抜いたまるで アレクサンドル デュマの書いたモンテ・クリスト伯の世界です。。。 エドモン ダンテスは復讐をすることに力を注ぎ、マンデラさんは南アフリカの新しい世界を作ることに力を注いだのです。白人のせいで投獄されたのに 釈放されてからマンデラさんは 白人と黒人と共に新しい世界を作ろうと呼びかける。 なんという人だろう と誰しも思うに違いです。

「なぜ 虐められ 痛めつけられ 牢獄ではひどい仕打ちをされ 差別されてきたのに その白人と一緒に新しい世界を作ろうなんて言えるのか。。。」 一つは牢獄での監視の白人との出会い 白人をひとくくりにして白人は 悪 敵 と決めつけることは決していい結果を生まないということ。そして 抑圧される側が苦しいのは誰がみてもわかるが 抑圧する側にも苦しみがあるのだと マンデラさんは理解を示すようになっていったのです。
それは 長い長い投獄生活で 本を読むことを身に着け(特に歴史書だったらしい。) 歴史から多くのことを学んだからだそうです。過激な闘争本能だけではなにも変わらない、すっかり忘れるのとは違う、、、許すことから始め、一緒に素晴らしい南アフリカを作るという考えに変わっていったわけです。本当に素晴らしいですね。 教養を身に着けたマンデラさんは暴力でなく 平和を築くことを釈放されて 大統領になってから実行していくのです。 本当に差別された人しかその苦しみはわかりませんが、いまだになおこの差別はこの地球からなくなってはいないのです

すべてを乗り越え 温和になったマンデラさんのダンスの映像はとても微笑ましいものでした。

72歳で出獄し 95歳のご逝去までの23年間(投獄人生より短い)で大統領として南アフリカのために奮闘したマンデラさん。お誕生日の今日 マンデラさんを偲びながら 差別と目に見えない偏見と平和的に闘い続けたマンデラさんに合掌

Mille Joies Planning
Mieko SATO
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる