FC2ブログ

”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

フレンチの現場

Bonjour

台風一過でお天気になりましたね
先日 フランスからプロモーションにフランス人がいらした話はしましたが。。。そこで知り合いになった
大きなシャトーのレストランのシェフが 日本で54名を招待し夕食会を 六本木ヒルズクラブで行ったんです。もちろん 私などはその54名に選ばれるはずもなく、、、

私はグルメのお客様が多いので、本当に美味しいレストランを探しているんですね。私はミシュランのが付いているとかついてないとか 関係ないのです。また 有名なシェフかどうかも関係ないんです。このシェフはどういうエスプリでお料理を作るのかを知りたいんです、まずは。それにはシェフの戦場、厨房を見るしかない それでお願いしました。シェフがお料理をしているところを見たいんですって そのシェフはなんの躊躇いも無く 「OK 17h30においで 」って。。。 さすが!この人はいける って直感で思いました。

それでもって、、、17h半過ぎに会いに行った所、笑顔で迎えてくれて 何でも見ていいよ。隠すものは何もないから、写真もドンドンとってOKって。自信があるからこそ言える言葉 素敵なシェフはこの方です。Dominique.jpg Dominique et Vincentスタッフの方と楽しくお話してました・・・

お料理ちょっとだけ紹介 cheateau de fere 018 はと
左は鱸を3種の味付けで。。。 右は鳩です。鳩のお肉にそえてあるキノコ ジロールはとっても美味しそうでした。ジロールだけお見せしまっすジロール ジロールをこうやって楊枝のようなもので突き刺してメインの鳩料理に添えてました。

アミューズブッシュから始まり、ホタテを半生に焼いて綺麗に串にさした前菜、お魚は上記の鱸が一つとオマール海老の各部をちょっとずつ味わえるようにしたもの そしてお肉料理は 鳩 最後はチョコレートがメインのデザートでした。シェフのお気に入りで隠し味はこちらバルサミコ 白


このシェフは特にお魚料理がお得意なんですね。それもそのはず、ブルターニュのご出身 このシェフと1時間以上お話しました。彼は言ってました「今 私は50歳 もう34年間お料理を作っている。自分はただの料理人だよ。有名なシェフでもないし、 カメラの前に立ちたいとも思わない。ただただ 厨房で自分がイメージしたお料理を自分の手で作れるのが仕事だと思っている。」と
私はとっても嬉しくなりました。こういうシェフがまだまだ フランスにいることを期待したい。そしてそのシェフは 「日本人はとてもよく働くし いいシェフが沢山いる。今や世界中にいいシェフがいるね。素晴らしいことだ」って 私が私はミシュランの☆なんて一つの参考にしかならない。☆をとったとか落としたとか そんなことを歯牙にもかけず わが道を極めているシェフが作るお料理が美味しいに決まっている って話したら にっこり笑ってました。
かなり 二人の間では具体的な名前を出しての話でしたから とっても私は楽しかったですよ このブログではとても名前は出せませんが・・・ 私の仲良しのPARISのお料理界のアランもおんなじこと言ってましたから。 きっとキュージニエには2種類の人間がいるんですね。
もうおわかりですね・・・一つは有名になって厨房に立つよりカメラの前に立つのがお好きな方 もう一つはそんな事には興味なくひたすらお料理を作り続ける方 でもどうやら日本人は前者の料理人がお好きなようで。。。私はいつまでも後者の方々と接していたいと思いますね。
要領は良くなくても、不器用でも 高潔で、一つの道をまっすぐに進む人 そういう人が本当の職人なんでしょうね・・・お料理人って職人ですからね。本来は あ?しびれる職人気質

こんな素敵なシェフがいるシャトーホテルをお知りになりたい方は是非ご連絡下さ?い
もちろん 今回シェフとお話して、ミルジョワ企画からのワーホリ受け入れを承諾してもらいました 来年度のワーホリで渡仏されるお料理人の方には朗報ですね

Mille Joies Planning
Mieko SATO





プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる