FC2ブログ
Mille Joies Planning
”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。
シルクステビア
プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

子育ての難しさ
Bonsoir

大きな社会問題になっている子供の虐待
法律の改革も進んでいるようです。本当に残酷で悲しい事件でした。親が子供をしつけるのに多少のことは不可欠だと 私などは思っていたので、、、法律的で今後は一切たたいたり、なぐったりはしてはいけないということになるらしい。もちろん 正常な親なら 好き好んで我が子をなぐったり、叩いたりはしないでしょうが。その子を思って心を鬼にしてしつけをするというのがみなさんが知っている「こどものしつけ」 獅子は我が子を谷へ落としてそこから這い上がってきた子だけを育てるというのも 子を思う厳愛のたとえでしょう。それがこれからは通用しなくなる・・・

確かに、親といっても一人のまだ未熟な人間。親になったからといって 人間が完璧になるはずもなく、言うなれば、、、子育てをしていく中で一人前になっていく、子供によって親は人間として一人前にさせてもらうわけです。そう思っている親なら 絶対に「虐待」などするはずはない。。。 自分もまだ未熟ではあるが 我が子のために心を鬼にして「しつけ」をする というスタンスではなく、自分の子どもは自分が何をしてもいい、言うこと聞かなければ力で押さえつける 黙っていうこと聞け 的な考えの親のもとに生まれてしまうと悲劇が起こるのではないでしょうか
親にとって 子供は一番身近な権力行使できる弱い存在。だからこそ愛情ありきでないとただの虐待となってしまう。

子供は親の所有物ではない。殺すくらいならなんで産んだのか・・・私の友人で子どもができない人が殺すなら私が育てたかったと言っていました。きっと そう思うカップルは沢山いると思う。
あの事件で私が許せないのは母親です。 父親が虐待していたら 命がけで守るのが母親なのではと思うのです。たとえそこで命を落としてもそれは産んだ親としての責任なのでは。それくらい 子供をもつことへの責任を考えて産んでほしいと私は思います。

これから 親になる人達へ、親になることは簡単じゃない。肝に銘じて親になってほしいと願います。過保護も親のエゴ、放任も親のエゴ、そして最悪な親のエゴが虐待。。。

虐待で亡くなった子供たちの冥福を祈ります 

Mille Joies Planning
Mieko SATO

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/tb.php/1175-fec74d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)