FC2ブログ
2018_11
16
(Fri)11:08

姜尚中氏のコラム

Bonjour

紅葉の美しい季節になりました 温泉もいい季節

先日ある新聞に東京大学名誉教授の姜尚中氏の記事がでてました
 新著「母の教え 10年後の”悩む力”」 の中で古希を前にしたからこそ思い出す母の教えがあることが書かれています。
そのお母さまは 「世の中には2通りの人間がいる。情のある人間とない人間だ」 という趣旨のことを繰り返し言っていたとあります。
 そして姜尚中氏は今になって、その言葉の意味がよくわかるとありました。たとえば、思想的には到底理解できないような極右の人がいます。でも話してみると、情がある人がいる。一方で左翼的な人で普段から人権を口に出す人なのに、話してみると意外に情が薄かったりする。 情がある人とは主張が異なっても、人間として通じ合う部分があります。と

読みながらなるほどな~~と
姜尚中氏は言います
言い換えれば共感のことでしょう。相手の苦しみや喜びをともに感じ合う力です。
人間の好き嫌いが激しかった母ですが、お金があるかないかよりも、知識があるかないかよりも、情があるかないかを、人間を見る最後のよりどころにしていました。
情をなおざりにするというのは、人間の身体性を無視するということでしょう。身体で感じたことを大切にし、他者の感情にも共感するという営み、こうしたことから離れて生きれば 結局は、人間そのものが壊れてしまうと思うのです、と。。。

だから いま 壊れている人間がたくさんいるのですね。。納得です

そして最後に姜尚中氏は、、、
「食」は人間に基本的な身体の営みで、家庭や仲間同士で食事を共にしたり、「おいしいね」などと語り合ったりする中で、共感が育まれ、絆が強まります。食を大切にすることが、身体性を大切にし、情のある人間を育むことにつながるともいえるのではないでしょうか。

私もかねてから「食」を大切に考えている一人ですから とてもこの姜尚中氏のコラムを読んでこれからの日本に(世界に)必要なことの一つなのではと思いました。豊かな生活をもとめすぎてお金をかせぐことばかりに目がむけられ(それが幸せと信じ) そのために家族と一緒に食事ができなくなれば そこにいる子供たちが健全に育つはずもなく、、、
姜尚中氏のお母さまの人間をみる判断基準はとても参考になるのではないでしょうか・・・

そろそろ年末の忘年会シーズン。お酒 を飲むだけが忘年会ではありませんから、、、「食」をともにし  共感しあう時間をつくりましょう

Mille Joies Planning
Mieko SATO

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック