FC2ブログ
2018_04
11
(Wed)19:51

日仏文化交流

Bonjour

今回、日仏文化交流の一環として ルマンで草月のいけばなを通してフランスで日本文化を紹介するイベントをやって参りました。
テロ以来日本人がフランスに行かなくなり、観光業界も危機的な状況になり、ルマンの観光局長からご提案いただいてルマンの公的機関であるPalais des Congres を提供するので日本文化を紹介してほしいといわれて、草月の先生でフランスでのバラコンクールでお目にかかった木戸くみ先生にお話をさせていただいたのです。 かなりの好条件での依頼でしたので是非木戸先生にと思いました。
しかし 残念ながら木戸先生もお忙しく、その好条件の時に合わせて渡仏は叶わず、、、数年が経ちました。その間日本の中で対応していた文化交流団もあり、ルマンは日本文化をルマン市民に紹介し続けてきました
そして2017年の春、木戸先生よりもしかしたら渡仏ができるかもという話で 間に入りましたが、これまた木戸先生のご都合がつかなくなり、、、草月の関係でとても忙しかったようです。 そしてこれまた流れました

そんなこともあって、、、2017年の秋にもう一度 2018年の春にというご提案をルマンに再度 話した時にはルマン側も一番大変だったとき協力してくれた日本の文化交流団をまずは第一に考えたかったようで、、、以前の好条件では難しいとなりました。
そして 公的機関のPalais des Congres のご提供のみでしたら 協力しますということで 始まりました。
そしていろいろ条件がつきました。それはある意味仕方なく、、、

いろいろありましたが 2018年3月25日 無事にルマンのPalais des congres において草月のいけばなを通して日仏文化交流を行うことができました 当初20名限定でしたが 当日は9名の参加者となりました。第一回の試みとしては9名でも大成功 みなさん大満足で帰られました
IMG_6158.jpg IMG_6150.jpg IMG_6155.jpg
IMG_6146 a IMG_6151.jpg IMG_6157 a

IMG_6160 a IMG_6164 a



イベントを行うというのはとても大変で、、、通訳を誰にするか、構成はどうするか、滞在日程はなどなど その間ルマンへおくパンフレット作りでも悪戦苦闘。。。こちらがほしい画像がなかなか木戸先生にわかってもらえなかったり、木戸先生側はこちらの要求の意図がわからないで ちゃぶ台を何回もひっくりかえす思いをしていたり と たくさんたくさん バトルの末のイベントでした

ルマン側はもしできるなら次回はもっともっと盛大にアピールをしてと言ってくださいました。ということは大成功ということだと私は思っております。(木戸先生がまた来年行きたいと思ってくださるかは別として(笑))

文化を大切にするフランスで草月のいけばな紹介するお手伝いができたこととても誇りに思いまた感謝しております。
木戸先生 ありがとうございました

Mille Joies Planning
Mieko SATO

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック