FC2ブログ
2018_02
25
(Sun)22:05

養生訓

Bonjour

たまたま 先日をみていたら 養生訓の話でした。みなさんもご存知の貝原益軒著の養生訓です
夫婦で旅したり、体にいい漢方を処方して奥さんに飲ませたり(更年期に) とにかく今の時代にぴったりなのではと思うものでした。
ちゃんと 養生訓を読んだことがなかった気がします。というわけで購入 

そしてこの貝原益軒には奥さんとの間に子供 はなかったんです。その時代、子供が産めない女の人は離縁されるのが常。今でもまだ結婚したら 普通に子供を産む という感覚は根付いているし、現に子供ができない夫婦は いろいろ手をつくして子供をもうけようとしますね。私の友人も ホルモン注射を打ったり 病院に通ったりしてました。結局 できなかったのですが、、、さすがにそれが理由で離婚にはなってませんが、、、今の時代でさえ、、、問題になることの一つ。
ほかの知り合いは 子供ができない 子供がほしくない という問題で 離婚している人もすくなくありません

本当に大好きな人と結婚した結果、残念ながらその人との間に子供ができなかったからといって 別れるという選択肢は私の中には絶対ないし、また相手がそういう人って考えにくかったのですが、以外にそうじゃないってことをいろんな人をみて驚いてます。子供ありきの結婚は私にはないので、、、こういう問題が理解できなかったのです。

それが 養生訓を読んで 貝原益軒もまた私と同じだったと感動したのです
それもあの時代にですよ。なんて頭の柔らかい人なのでしょうか・・・・ そしてそれほど奥さんを愛していたのかと感動しました
もし子供ができなければ できない生活をしていけばいいと。そして夫婦で全国を旅するわけです。いろいろな温泉に行って養生するわけです。草津も伊香保も行かれていました。九州の奥にも、、、、
体にいいものをとり、四季を感じる旅にでて、温泉に入り そして夫婦仲良い人生を送った。なんと素晴らしいシンプルライフか・・・自然に逆らわず。子供ができないというのもその夫婦にとっては自然なこと 意味があること 自然に反して子供をつくらない。。。なにかを今の時代に教えているかのような養生訓でした。シンプルライフ 文明が発達するとなかなか難しくなります。どうしても 力で欲望をかなえようとする。。。もう一度考えたいと思います。もちろん 食べ過ぎ 飲み過ぎ も自然に反した生活であることは明白です

すべてに意味がある、その意味を一つ一つ確認し、意味を活かしていきたいと思います

Mille Joies Planning
Mieko SATO

タグ:貝原益軒、養生訓

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック