FC2ブログ
2017_11
18
(Sat)21:57

男性もバレエを見る時代

Bonsoir

先日 ”バレエはかつては 男性諸氏にとっては「女・子供がみるおとぎ話の世界」として敬遠されていた” という新聞記事書きだしに目が留まりました
ま いまでも そういうところは少し あるかもしれませんが・・・
私はいまでも レッスンを受けている一人です。。。って バレエといえるようなもんじゃないけれど健康のためにやってます

ふと 最初に勤務した会社の後輩(男性)と くるみ割り人形を一緒に見にいったのを思い出しました。その後輩はとても芸術を理解しようとしていた人で 数か月前に 一緒にランチをしたときも バレエの話になりました。でも そういう男性はちょっと少ない気がします。彼のお嬢さんはバレエを習っているとか・・・うれしくなりました

自分がやっているから よけい バレエを鑑賞すると感動します。どんなにそのポーズをとるのが大変なことかなど・・・
バレエは エレガントであることを最上とし、人間の身体の動きの豊かさをめでる芸術 とも 書かれていました。

この新聞記事の最後の部分が とても心に残りましたし 多くの男性群によんでもらいたいと思いました。あまりに程遠い男性が多いこと 多いこと・・・
抜粋 
一人でも多くの男性がこれからもっとバレエに足を運ぶようになれば、社会全体の文化も、もっと成熟したものになっていくのではないか。半ば本気でそう思っている。” と。

バレエは「洗練」ということの本質を教えてくれる大人のための教科書でもある。「人間の美しさ」というものに対して、もう一度信頼を取り戻すための場でもある。そこに男女の違いはない。
 とも・・・・

毎日毎日の努力の積み重ねの美しさ 美への強い執着  そんなストイックな生き方の中にしか「洗練」も「エレガンス」も存在しないんだな~~と思います。少しでもそこに近づきたい と思っている一人です。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック