FC2ブログ
2017_01
17
(Tue)21:41

日本語の難しさ

Bonjour

先週から 週1回 それも午後だけですが 学校で日本語を教え始めました 年末年始もなくずっと勉強していましたが、、、自分の母国語を教えるというのは 何も考えなくても話せる言語なので 外国人はなにがわからないのかを予想がなかなかできず 3月まで ず~~と悩み続けそうです こんな先生じゃ 生徒さんたちに申し訳ないと本当に思います でも 引き受けたからには頑張らないと 生徒さんたちはとってもいい子たちだからなおさらです

自分がそういう仕事をし始めると 言葉に敏感 になったり、テレビ番組 で日本語関連を放送していると進んでみたり。

この前もテレビを見てたら、、、微妙の本当の意味が現在の意味とは違うとか・・ 下世話の意味とか 耳障り とか・・・日本人でも間違った意味で間違った使い方をしている人がたくさんいるようです

もっとおかしかったのは 若い人に意味を聞いてもわからなかった言葉
どてら      ちょ~~でかい寺 とか言ってるのを聞いてうけまくり たしかに どてら いまや見ないかな。
おかって     ぜんぜんわかんない なにそれ?? サザエさんみてる人はわかるんだけど・・・でやっとわかったみたいで。
ちょうめん    ラーメンの種類?  もうノートが主流で 帳面とはいわないですね。
全部わかる私は 年をとっている証拠みたいです

日本語も若い人が どんどん新しい言葉を生み出していて、正しい?日本語を話せる若い人達がどんどん減っていくのはちょっと残念ですね。反対に学校で日本語を勉強している外国人の方がきちんとした日本語を話すようになるのでは・・・なんて心配になったりします。

同時に私はフランス語 を学校に通って勉強しています。日本語を教え 自分はフランス語を学んでいると ちょっとした言葉にも スルーせずに考えるようになりますね。 日本語って本当にあいまいで難しい言語です 言語とその国の国民性は深く関係性があるように思います。とても興深いですね。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック