FC2ブログ
2016_11
13
(Sun)19:36

高齢者の運転事故

Bonsoir

ここのところ高齢者の運転ミスによる死亡事故が多発していて、どうして こんなに多発しているのに国はちゃっちゃと規則を決めないのか、、、   80代の高齢者がオートマ車のアクセルとブレーキを踏み間違えて起こすこの事故はもう STOP させないと絶対だめです 80歳以上になったら 毎年免許更新時に講習をうけさせる、そして危険とみなされたら免許は取り上げる。高齢者の生命も守ることにつながります。運転しないと出かけられないとかいろいろ理由はあるだろうけれど 他人の生命を奪うかもしれない危険性より優先されるものは絶対にないです
高齢者が 人生これからの20代 30代の生命を奪うなんて絶対あってはいけない。 殺人ですよ、見方を変えたら・・・高齢者の命も大事です。だからこそ 危険性のある高齢者は運転はさせてはいけないのです。
どれだけこの事件がおこれば 国は動くのか

廻りをみてください。80歳を過ぎた高齢者は目 も悪い 耳 も悪い 運動神経 も鈍くなってきている これは当たりまえです。それを若い時と同じ気持ちで運転していること自体 危険 なんです。人間はスーパーマンじゃないのです。現実をきちんと把握しないと そしてそれをほったらかしている警察 何をしているのか・・・ 免許更新が甘すぎるんです

私はいまでも自分が好んで ミッション車を運転してますが、車検とかで台車がオートマ車を運転したとき このような事故が起こるのはわかる気がしました。ミッションではあまり起こりえない。
私は若い時 50代まではミッション車で60代になったらオートマ車かなと思ってましたけど ここ最近の事件で生涯 ミッション車でいこうと思いました。なかなか日本はミッションの車がないので大変ですが

いま開発が進んでいるハイテクの車もそれを操縦する人間が機能的におとれば想定外の事故にもなりうる。なんでもかんでもハイテクになっていくこと 高齢化の社会にやさしい開発なのか、、、、

交通事故を少しでも減らせるよう(もともと五体満足で生まれた体が不自由にならないよう)各自の責任と各機関の努力をお願いしたいと思います

運転する高齢者のいるご家族の方は特に気をつけて頂きたいと切に祈ります

Mille Joies Planning
Mieko SATO

2015_04
06
(Mon)22:06

想像力と柔軟性

Bonsoir

ミルジョワは日本の方がフランスへご旅行されるプランを立てる仕事をしてますが、、、旅行会社ではないので手配は旅行会社にゆだねます

お客様はとてもいろんな心配をされているのだと お電話などで話すと思うのです。大事なことは不安を取り除いてあげられるかどうか、、、また お客様の頭で考えていることよりもっといいプランがあるということをお話してあげられるか もちろんお客様の思った通りにプランになる場合もありますが。

一番はまず どうイメージしているかを 聞いてあげる ことです。
ただ 規則や約款 通りに話をしても お客様の心配は取り除くことはできませんね この前もこんなことがありました。。お客様が聞いてきたことだけ 回答して できる できない のみ。。。それじゃ 何のための旅行会社か・・・

旅行のスペシャリストというなら(旅行会社が) これはできないけど こういうのはどうでしょう とか ほかにこういう道もあります とか 聞かれたことができなかったときに ほかの提案をして安心させてあげられるか、、、これは お客様を思う思いやりと頭の柔軟性と想像力だと思います。どんなに いい大学を出てても 語学ができても 学力が高くても お客様一人の心を変えることができなければ旅行のプロとは言えませんね どんなお客様に対しても 不安を取り除き、安心して旅ができるよう プランを立てる本物のスペシャリストを目指していきたいと思います

Mille Joies Planning
Mieko SATO