”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

親しき仲にも礼儀あり

Bonjour

最近 コミュニケーションの大切さをとても感じます

親子や兄弟姉妹は 遠慮なくものをづけづけ 言ったりして 無神経なところが多々です。でも 親しいからこそ言ってはいけないことってありますね。最近 自分がそうされて つくづく思いました。
人間って面白いです。お金払っている他人にはとても気を使って言いたいこと言わず遠慮するのに、お金も払わない身内(普通 身内にお金は払わないので ) には 遠慮するどころか 暴言の上 毒吐きまくりわがまま放題 

感謝の気持ちは言葉にしないとわかりません。また謝罪の心も言葉にしないとわかりません。それが親しかろうが 親しくなかろうが です。

そして 間違っても親しいからと言って 言ってはいけない冗談は言ってはいけない

言葉もそうですが 心の想いがないと言葉にはならないのです。言葉というは心の想いを響かせて とあります。言葉にできないのは心 がないということなのです。厳しくいえば・・・そして メールにしても同じですね。

せっかく 日本人として日本語を話すのですから、、、自分の心をきちんと言葉に表して コミュニケーション能力を高めていきたいと思います

Mille Joies Planning
Mieko SATO

名前

Bonjour

最近 よく間違えられている私の名前、、、別にどうでもいいことと言われれば どうでもいいのですが
みなさん もちろん 悪気はありません・・・ だから あまり問題にしなくていい場合はスルーしますが。。。 
でも たとえば その名前を間違えたら その後に影響するようなときは 訂正しないといけません。
私は 美恵子ですが よく 恵美子 と書かれたり 呼ばれたりします。 間違える相手というのは おそらく悪気はないけれど、きちんと私を認識する気持ちはありません。 もし あれば 絶対間違えませんから・・・
たとえばです 美恵子 を 三枝子と 書いちゃったというのは まだ 許せます。漢字はしかたない・・・ところがあります。

飛行機 は MIEKO を  EMIKO にしてしまったら 絶対 乗れません

私は仕事柄 名前は凄く 神経を使います。でも どんな仕事でも どんな場合でも やはり 名前は間違えてはいけないのです その人でなくなる気がしますから。

それと併せて、、、よく お互いがメアド交換してない人間に 一斉送信する それも BCCじゃなく CCで。。。そういうデリカシーのかけらもない人っていますけど、、、これも そのために BCCってあるのですからね・・・

この前 ちょっとした待ち合わせをしました、、、私がお客の立場でした。 ある買い物をするためでしたが、その相手の人は まず 時間に遅れ、 そして そのあとこちらにしてきたメールで 私の名前を間違って書いてました もちろん この時点で この方を通すのをやめました おとといキヤガレって感じです
待ち合わせに遅れ、人の名前を間違える人は 営業マンとしては失格でしょう。

人のふり見て我がふり直せ・・・ですね。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

親しき仲にも礼儀あり

Bonjour

親しき仲にも礼儀あり って 日本には教えがありますね。
私は よく言われました。まだ小学校の頃でしょうか… 親子でも 兄弟でもしてはいけないことがあると。。。
たとえば 自分宛でない封筒  を勝手に開けてしまうとか、、、今なら携帯電話でしょうか。私は妹が一人いますが、妹の携帯電話の中を妹の居ない場でみたりしたことありません。 妹も同じです。

世の中的には ご夫婦で 奥さんが勝手にご主人の携帯電話をチェックして 問題になってますが…
これは 私もいかなる理由があるにせよ してはいけない と思いますね 

あとはいくら 携帯電話 が鳴っているからといって 電話の持ち主がいないのにその携帯に出てしまうっていう神経はとても理解できませんね その携帯の持ち主が もし電話がなったら私の変わりに出てね って言ったなら話しは別ですよ。でも それがないなら どんな理由があっても 他人の携帯電話にでるべきではありませんね。これはエチケット。常識ですね。 良かれと思って出たにせよ それは間違ってます
とはいえ 良かれと思って出た人間に これを納得させるのは至難の業 自分は親切で出たと思っているわけですから、、、そういう次元での話ではないと言っても理解不能でしょう…

今は 情報があふれ 携帯電話も氾濫し 公私混同 自他混同 がはびこってきてますね。だからこそ 気をつけないといけない 知らぬ間にどんどん 無神経になっていく危険性があります。

どんな時代になろうと デリカシーは持ち続けていきたいと思います 大事な事は 他人を尊重することですね

Mille joies Planning
Mieko SATO

KLMオランダ航空遅延の影響でみえた日本人の特徴

Bonjour

オランダ航空の出発の日のトラブルのお話の続きです

このトラブルで大幅にアムステルダム到着が遅れ、、、ほとんど乗り継ぎの乗客は大変でしたから もうスキポール空港は大騒ぎ 日本人も個人で旅行している方で言葉ができない人はもう大変です 何人にもどうしたらいいか聞かれましたが、、、私も アムステルダムでは 英語かオランダ語ですから、、、ね。とはいえ お助けしましたが。

一人とても困っている女性がいて その方はほかの方とは違ってその方の泊まるニースのホテルにまで電話 してあげたりと助けました。(とはいえ 未だに メール一つきませんけどね。助かりました。ありがとうございます、って メールくらいくるかと思いましたが・・・ 礼儀のない人増えましたね。悲しいかな・・・フランス人の方がよほど礼儀がある。心がある)その場でも きちんとお礼言われてないな~~そういえば。私なら さっと ジュースでもかって渡しますけどね。気持ちですから。
 それにしても英語 も仏語 もできないで 一人でアムスとパリ 2回乗換でその日の内にニースまでいくというプランをたてた旅行会社 凄いですね。でも こういうことがあること想定しないのでしょうかね。言葉のできる人なら問題ないですけど。私なら絶対 あんなプランは立てません。人に優しいプランじゃないですからね・・・ ま でもそれでよしとしたお客様の責任でもあるわけですから。余計なお世話か。それにしても困ってましたよ 沢山の人。

そりゃそうですよ。遅れて到着して次の乗り継ぎは全て機械で自分で処理するのです。この機械で次のフライトに変更されたチケットをゲットし、遅れたことによってのリスクのお詫びで 国際電話5分かけ放題のチケットと 5ユーロ(なにが 買えるんだっと思いつつ)のバーで使えるチケットが 一緒に出てくるのです。でも 慌てている方々 それが何か(慌ててるからか 英語が読めないのか わかりませんが) ほとんどの方が使えてないです。こうやって 機械で処理してチケットが理解できる人だけが利用できるっていうのは なんだか とても合理的だけど ちょっと血の通ったサービスではないな と思いましたね。もちろん私は 電話 もさせて頂きましたし、5ユーロにいくらかたしてバー で待ち時間を過ごしましたが・・・
IMG_0904 (640x480)


日本語だけしかできないで 海外にいくというのはこれから どんどん 損しながら旅することになるような気がします これだけ いろんな人が海外に行く時代ですから 余計です。そして 言葉ができない人は 料金が安いの安いのっていう旅行ではなく、ある程度きちんとしたプランを選ぶようにされることをお勧めします どんどん 飛行機のトラブルは増えると思いますから…そして 言葉ができない人はできるだけ 日系の航空会社を選ぶ事です 高くても仕方ありません。自分の身を守るためですから。

そして何より大事なのは 人間としての礼儀 なにかしてもらったら はっきり聞こえるようにお礼をいうこと。「心 をきちんと伝えること」 大事ですね。
日本人は とても精神的に幼稚な人が多いな~~と 外にでると思います。その彼女も悪い人じゃないし、悪気があるわけじゃ 全然ないのです。10代20代じゃないです。みなさん 30代40代の方 そういう人が おさなくみえるのは 容姿が若く見えるだけでなく 内容が成熟してないって ことなんですね。島国だからでしょうかね。いつまでたっても 世界に通用するようになれない。。。肝に銘じたいです。「ありがとう」「ごめんなさい」をきちんと言えること。 基本です。

なんだかんだとフランス人のこと 悪く言う人多いけど 彼らは merci と Pardon はきちんといいますよ

Mille Joies plannning
Mieko SATO
プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる