FC2ブログ

2020年のオリンピック開催地決定 

Bonjour

ここ2,3日ニュースで必ず話題になっていた、2020年のオリンピックの開催地
とうとう 決定いたしました。東京ばんざ~~い。 おめでとうございま~~~す これから準備に本格的にとりかかり 経済効果を狙うべく 意気揚々と盛り上がることでしょう
スポーツの祭典は どこで行われても 背後にはこのような経済効果を狙う人たちの思惑もありますが、なんといっても 選手達が前回のオリンピックから精進を重ね、さらなる上を目指し ストイックに訓練に臨んでいる事、またそのベテラン選手を追い抜こうと挑んでいる若手の選手が訓練をし続けている事、、、本当に 頭が下がります

先日 クラシックバレエの森下洋子さんが歌舞伎の方と対談しているのを読みました。よく言われます、、、練習を1日休むと自分がわかり 2日休むと同僚に気付かれ 3日休むとお客様にばれる と。。。どれだけ 過酷な日々を過ごされているか 修行 というのはそういうものですね。 今日は気がのらないから とか 今日は体調が悪いからとか 今日は都合がつかないから と練習をしなければそれは修業とはいえません。修業とはどんな大変な時でも それをし続けることです だから 観る人が感動するのでしょうね

2024年のオリンピック会場を フランスは狙っています、、、パリでの開催を
私は 2024年には60歳を過ぎて どこにいるのやら 何をしているのやら 誰といるのやら… でも きっとあっという間なんでしょうね、、、あと11年なんて   
1924年から100年後の2024年にふたたび パリへ 期待は膨らみます

Mille Joies Planning
Mieko SATO

ロンドンオリンピック 

Bonjour

先日は 女子サッカー残念でしたね。銀メダルになりました でも表彰式では とっても選手達の表情が明るくて さわやかで 感動いたしました

女子サッカーに限らず、今回のロンドンオリンピックで 数々のメダルが獲得されてますが、メダルがとれたところは とても仲がいい気がします
仲がいいと言う事が どれだけ 大事なことか とても感じましたね。やはり人間は心こそ大切なのでしょう。
北島選手にしても 後輩が自分をこえて メダルをとったことを とても喜び その後輩はなんとしても 北島選手を手ぶらでは帰さないと 思いやっていたときいて 思わず 涙腺が緩みました
北島選手って ちょっと誤解されがちなキャラだけど 実は素敵 ですね なんか 格好よかったです、メダルがとれてないのに… 不思議。それって 凄くないですか 人間の魅力ですかね

また 家族の愛 に支えられて とったメダルとか…まああ 感動の連続ですね。一人で生きているのではないと思いますね。どんな人も。

なんといっても かなりさわやかに 金メダルをとった 吉田選手。アルソックのCMで有名ですが あの方は本当に明るい 見ていてこちらまで 元気になる感じです。日本もだんだん 明るく勝てる人が増えてきて 嬉しいです。

そして 今 息もとまるような美しい演技を披露してくれている、新体操 新体操はその手足の美しさ、体の美しさが基本 そのあとでテクニックといわれてますが、新体操の選手達の恵まれた体型は 本当にうらやましい限りです 高校時代のクラブは 新体操でしたが とても 新体操と呼べるようなものではなかったんだな~~と オリンピックをみるたび 思い知らされます

残りのオリンピックを引き続き楽しみにしたいと思います

Mille Joies Planning
Mieko SATO

サッカー女子に期待 

Bonjour

残暑お見舞い申し上げます
 昨日は本当に暦通り 夏ももう一息ついたかと思える涼しさでしたね夏が好きな私としましては まだちょっと早いよ 涼しくなるのぉおお って思ってましたが また 暑くなるようで ちょっとほっとしてます

オリンピックは目が離せませんね

いよいよ 明日というか今日というか 女子サッカー 決勝戦ですね。 あ~~みたい けど 明日のことを考えるとみれない 若い頃は 次の日のことなど全く考えなかったのに、、、

佐々木監督とキーパーとオオギミさんと宮間さんが インタビューに出てたのをみましたが、、、佐々木監督っていい感じ 練習では厳しいでしょうが(厳しくなければ ここまできませんから)でも その厳しさの中に 暖かさを感じますね。選手たちを信じているのがよくわかります。そして 選手達は監督をとても尊敬してますね。なんか みてて これがここまできた秘訣かと思いました

アメリカはワールドカップで負けているので、必ず 日本サッカーを研究して 今度はかならず勝ちを狙ってきますね 明日の朝 吉報が聞ける事を祈ります

Mille Joies Planning
Mieko SATO

女子柔道 

Bonjour

毎日毎日 感動がロンドンから届いてますね

みてるだけで ほっとするというか 顔がほころんでしまう、女子柔道の杉本美香さん。
今日もインタビューで とても人柄がにじみ出てました

たび重なる怪我を克服し オリンピックで銀メダル 。素晴らしいことですね
やはり スポーツをしてる人としてない人では 全然違いますね
オリンピック選手は特別ですが、でも、、、程度の違いこそあれ、スポーツをしている人は共通点がありますね。ワーホリ希望者の方と沢山 あって面接してますが、、、やはり そのあたりも私は面接でみてます。学生時代 スポーツ をしてきたらどうか、、、ま スポーツじゃなくても なにか人に習ったりしていればまだいいのですがね。

なにが違うかって、、、
忍耐力でしょうか。。。困難や生涯を乗り越えていく強さでしょうか。そして何より、コーチからの叱咤に感謝できる心 人はなにかを極めようとしたら 必ずそれを導く指導者のもとで学ばなくてはいけません。そしてその指導者は いつもほめてなどくれません。反対です。いつも厳しい。いつももっとうまくなるためにと考え、訓練をさせる。それはその選手の手に勝利をつかませるためです。そのために 優しくなどしてられません。ほめてばかりはいられないのです。そして それをよ~~く 選手はわかって厳しくされてもついていく。ここに成長があるのだと思うのです。そういう経験をしている人としてない人が同じわけがありまえん。

自分に厳しい人を 遠ざける人に成長はできませんから… 甘やかすほうがどれだけ簡単か。

杉本美香さんのインタビューで心に響いたひとことがありました
怪我をしてよかった。もし怪我をしなかったらここまでになれなかった。と怪我を克服した王者にしかいえないことですね。困難を乗り越えるか困難に負けるか  紙一重であり、結果は180度違うものとなる。でも怪我(困難)をチャンスととらえられるかどうか、、、チャンスにできるかどうかは その人間の謙虚さ とか ひたむきさ とか 求道心 とか 要は人間性でしょうね。
一流になるかどうかは その技術を磨くのは当然で、 最終的には 心 だと いろんな事を通して思います。精神が弱い人は どんな世界でも勝つことはできませんね。その精神力を鍛えるには ほめ教育では難しいと私は思いますね

Mille Joies Planning
Mieko SATO