”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

フランス人のアートな感覚

Bonjour

ここ数週間 フランスからフランス人の友人たちが来ているので いろいろ案内したり 一緒にご飯を食べたりしてますが、、、とにかくフランス人は日本食にとても興味を持っていて 一緒にご飯を食べる時はすべて和食です とてもうれしいことです。私は和食党ですから・・・・

そんな彼女たちと街を歩いて ショッピングしたりしてると 彼女たちのこだわり にさすがこの人たちはフランス人だと思い知ることが多々あります。
C'
先日も 300円の小物のお土産を あ~~だの こ~~だの言って 結局買わずにお店を去った 300円なんだから別に たとえあとから気に入らなくても って 私などは思うのだけど。彼女たちにはそういう考えはないのです。
かと思うと たまたま イベントでやってた 桜の木で作った茶筒を C'est beau, magnifique とか言って、さっと買う 7500円もするものを さっと 買うことを決める。確かにその茶筒はとってもいい製品で よくぞ これを買おうと思ったな~~と私も感心したのは事実。。。きちんとしたモノ作り に対しての反応の凄さ に感服せざるをえない

そして その茶筒を販売していた方が 私の方にきて もしかしてこの方々 フランス人ですか?と 聞いてきた。
フランス語が解ったのかと思いきや そうではなさそうで、、、 どうしてですか?って きくと、 そのおじさんは だいたいうちのこの製品に反応してくれるのは フランス人だから というのです。へ~~~ と思いました。やっぱりね とも。アメリカ人や中国人のお金もちはあまり反応せず お金にちょ~~~ シビアな フランス人が サッと 買う。 これはとても面白いですね。
こんなところにも 国民性がでるのかと 思いました。私の友人たちも自分の欲しいもののためには何時間も 何日も 探したり、、、安いからまいっか なんて発想はないのです。さすが 芸術家を育てる国です。なんて思ったりして・・・

そういうこだわりの人 嫌いじゃないです、私は。だからフランスが好きなのかもしれません
自分の好きなものにこだわること これは大事です なんでもいい なんて ダメですね。こだわってこだわって生きていきたいと思います

Mille Joies Planning
Mieko SATO


フランス人のたくましさ

Bonjour

最近 日本に旅行にくる外国人が急増してます 経済効果もあるでしょうから いいことなのかもしれませんが・・いいことばかりではないのが現実 

私も仕事柄 たくさんのフランス人と接してますが ま~~みんな日本 日本 って大 ブームです そうなると増えるのがメール
この前も もともとは私の友人のAちゃんの 友達だった Eちゃん。何回か一緒にみんなとパリで過ごしたEちゃん。。。私とEちゃんは友人といえるかどうか、、、、知り合いではありますが。
そのEちゃんからメールがきました 「私の同僚の N君が日本に旅行にいくので アドバイスお願い!」と。
 直接の友人でもない Eちゃんの同僚が私にメールしてくるの?ま いっか とOKと言ったら たいへん
すぐに すごい質問攻めのメール。その質問にすべてきちんと答えようとしたら 自分の仕事なんてしている時間なくなる・・・最初はいろいろ 答えてたんですけどね・・・図に乗って これでもかこれでもかの質問。 さすがに エージェントに相談したら?と書きました そしてEちゃんにもいいました。ちょっと私には無理だからと。
そしたら いままでの情報提供に対しての お礼のメールもないまま であります

フランス人はとにかくお金使いたくない 使えるものは 友人の友人だろうが そのまた友人だろうが 使う。この逞しさを日本人も少し見習わないといけない
こんなことは 日常茶飯事で、、、ついこの前も Mさんからメアド教えてもらったといきなり知らないフランス人からのメール Mさんから Eちゃんのように よろしく とでも言ってきているならまだしも・・・Mさんからはいまだになにもない
人のメアドを 断りもなく バンバン教えるって どうよ 

これからは 友人はもちろんなんの問題もないですけど 友人まで。友人の友人がコンタクトしてきたら 最初のメールで断ろうと思います。最初のメールで こういうエージェントあるよって 日本の友人がやってるサイトを教えてあげようと思ってます こういうことをお仕事としている人がいるのだから ヴォランティアでなんでもかんでもやってあげるのは その方々にも申し訳ない話ですから

観光客が増えるのは ”いいことばかり” ってありえない。だからこそ 受け入れる我々が賢くならないといけないのですね

Mille Joies Planning
Mieko SATO

日本への旅行

Bonsoir

最近、フランスから日本に旅行する方々が急増してます フランスだけではないですが、、、日本は人気の観光国ですからね

ただフランスの方々にとって やはり言葉の問題は大きいと私は思います。英語ができる方ならまだしも・・・とはいえ日本はまだまだ アルフェベット表示は少ない ので フランス人だけでなく ちょっと日本は外国人にとって親切ではないかも・・・・日本人は親切だけど 公的な表示がまだまだ単一国家です 東京オリンピックにむけて 改善の余地大アリでございます。

そのフランス人はどうやって日本の旅をするかといえば、、、今や インターネットでなんでもできる
飛行機 もホテルも  自分で全て(各国語 での対応が充実)。。。旅行会社はあまり必要としないらしい・・・
ホテルはいまや 口コミ情報 や点数 が出ていて 大体目安にはなるので 大きな失敗はしない 
ただ 私の友人達 が口をそろえていう、、、「何が一番 困るかといえば 入りたくても入れない場所がある。それがなんの施設かもわからないものがある。」と。・・・・もちろん言葉ができないせいでだ。
たとえば カラオケ、パチンコや、ゲームセンター、指圧 などなど、、、そういうところは結構 レアで外国人は日本人の友人がいないと入れない、おそらく・・・

ってことで そんな所をサポートできたらとフランス人もきっと お金 出しても利用するのではないか・・・
もちろん 高い料金ではできないけれど・・・良心的な 友人価格で
HPで告知していく予定です

Mille Joies Planning
Mieko SATO

フランスからの贈り物

Bonjour

一週間前、私の誕生日だったのですが
先週 フランスから嬉しい贈り物が届きました 凄く親しくしている方々なのですが、それでもまさか、、、私の誕生日のためになんて 思ってもいなくてとても嬉しかったです
というのも 日本 よりフランス のほうが ちょうど きりのいい年齢の誕生日はとても大事にしてる風習があるみたいなんです、、、(日本は公には還暦の60歳からお祝いですけどね…フランスは20歳30歳40歳…とね
もちろん日本の友人達も朝からひっきりなしに おめでとうメールで 本当に感謝感激でございますメールを下さった皆さま ありがとうございました 

とっても仲良しのJ君とそのご両親から届きましたのは J君のお母様自家製のジャム3つとJ君からシャンパンが大きな箱で届き、、、(そのジャムの内 一つが割れて もう箱は ベトベト で大変なことになってました。シャンパンが割れてなくて)なんていってもヴーヴ クリコですから割れてたら悲しいです 右はケースです。ちゃんと割れないようなしくみに中はなってはいますが・・・ジャムが割れてたのでちょっと心配しちゃいました
2013Jeromeから 2013Jeromeから2

それと他の友人夫妻は 
2013ナタリーkara
この 焼き物に好きな香りをたらして?染み込ませて? お部屋につるします。
こんな素敵なものつるして 似合う家 じゃないので申し訳ない

現実にものを送るというのはなかなか時間もかかるし、できるようでできないものです。その真心に深く感謝してます フランス人って 実は情の深い人たちなんですね

Mille Joies Planning
Mieko SATO

分 相応

Bonjour

カトリーヌは京都で 日本を満喫して帰ったことと思います。

今回 カトリーヌとご主人は東京滞在を ホテル オークラに8日間 Booking.com  で自分で予約。Booking.comは私も たまに使います 今までの方の評価も出ていますから 参考にできますし、、、私は 8.5以下の評価のホテルはなるべく使いません。  が沢山ついていようが 必ずしも 評価がいいとは限りません。

カトリーヌのご主人が予約したようです。3月にパリで会ったとき 嬉しそうに 「東京はホテル オークラに泊る 」というので 「それはよかった。いいホテルよ」 ってコメントしました。私が好きかどうか 関係ありませんし 私が 「オークラより ○○が 便利だし 感じいいわよ」って 言ったところで フランス人ですから  変更しないだろうしね。。。自分で予約したんなら、、、立地も調べて予約したんだろうし、、、余計な事 いってもな と。。。普通は 日本人の私に聞いて(ましてや ホテルはよく知ってます) 検討したほうが お得だと 思うけど、、、、 

ホテル オークラくらいのレベルにお泊りになる方は お金 を考えて オークラでの朝食とらないで スタバにいくとか 、 WIFI使用料をがかるのを文句いうとか  クリーニングはホテルで出さず、街のお店に出すとか、、、そんな ちんけな発想してはいけません そういうことが 気になるなら 自分の 分相応 のホテルに行けばいいのです。そのあたりの ちぐはぐ さは 私の廻りの友人たちのフランス人にはなくて、、、私の友人のフランス人達は 分を よくわかっているので、カトリーヌがホテルオークラを予約したと聞いた時 この方はさぞかし そのクラスの人かと思いましたが… 

ビジネスホテルとか 格安のホテルは 対象者を考えて、 WIFI無料 朝食は無料またはリーズナブル コーヒーのフリーサービスありとか お金がかからないようになってます。自分がどちらのホテルに泊るべきか、わかると思いますがね。 WIFI使用料など いいホテル ほど 高いです。(当たり前 フランス だってそうですよ。)

LVのバッグを持つ、日本の若い女性が 分相応 じゃないという沢山のフランス人 。確かに私もそう思います でも フランス人だって、、、同じようなこと 違う場所でしてるんですよね。

ま 自分の事はなかなか わからない ってことでしょうかね。分相応に生きる って。。。きちんとした教養と美学がないとできないのかもしれませんね。お金があるとかないとかには あまり関係ないことでしょう。

Mille Joies Planning
Mieko SATO



プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる