”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

シンガポールに学べ!

Bonjour

先日 近所のよく行くスーパーで 最低最悪ジジイ に遭遇しました
そのスーパーはいつも きれ~~いに 床の清掃をしてます。 ピッカピカです それも気に入って週1回は買い物へ行きます 

あの日も きれ~~に掃除されたピッカピカの床で買い物してました お米のコーナーを過ぎたとき 忘れもしないあの瞬間、、、 ペッと 痰をその床に吐いたんです。最低最悪のジジイが。。。ジジイといっても すたすたと歩いて60代後半くらい。。。あんな男が自分の旦那だったり 親だったら かなり落ち込みますね

シンガポールなら罰金ですよ
日本もそうしたらいいのに・・・・ 一生懸命お掃除している方にも失礼だし、なにより人間として最低のマナーを大人が崩してること自体 日本の将来が危ないです

森友問題で時間を使ってばかりの日本政府。そして 嘘ばかりの政治家 自分の責任を他人に押し付けて自分は知らんぷりで、自分は何も悪くないような顔して政治家としてふんぞり返るやつらたち。絵に描いたような 筋。 最悪は辞任した人が自殺して死人に口なしにさせる。 自殺というなの他殺です
ま、こんな奴らが 政治家だから 最低最悪のジジイもいるか・・・と 変な納得の仕方したりして。こんな政治家に比べたら スーパーで痰はくジジイはまだ 可愛いもんかな~~ なんて 悲しい

ミルジョワはそんな 男たちは蹴散らして マナーを守りモラルを尊重した ミルジョワな生活をしたいと思ってます

Mille Joies Planning
Mieko SATO

師走

Bonsoir

怒っております  先生も走る師走・・・あっという間に 今年も終わりますね
師走ともなると どこもかしこも 混み合っている気がするのは私だけでしょうか・・・
師走とラッシュが重なり、、12月の18時半すぎの山手線は かなり混んでおります。できれば乗りたくない。。。

先日 こんなことがありました。
あまりにも混んでいた山手線にラッシュ時に乗り込みました。そしてとっとっとっと押されて、、、中の方へ。
私の目の前に座っていた男性は 大柄のかなり一人分の席からはみ出た人で だから足も出てる。そしてその膝の上にアタッシュケースのような硬いケースを乗せて そこに自分の腕乗せて 大きな分厚い本を置いて読んでいたんです
その前に私は押されて 行きついた。そして次の瞬間 山手線が大きく揺れました。 そうなれば ご想像通り 私のかばん が揺れて その大きなおやじの持っていた分厚い に触れた。ぶつかった・・・・すみませんと私がいうその前に(私が悪いわけではないが、、、とりあえず ぶつかったから謝るでしょう・・・) そのデカいおやじはどうしたと思いますか? 私を睨み、、、 そして 私の を 自分の本でけちらした。。。
私は その行動に目を疑いました。 そして すみませんという気持ちはぶっ飛び、、、もちろん 睨み返しました こんなおやじに負けるほどやわじゃない
普通は 自分は座っているんですよ。立っている人がぶつかるような場所を占領しているなら本は閉じて 少しでもスペースをあけよう てぇ---のが 常識ある人間じゃないですか
こんなバカ男に家族はいるのか とふと思ったりして・・・ 本当に師走になると どこもかしこも 混んできて こういう気分を悪くする人間に出会う確率が増えます。

師走だからこそ お先にどうぞ すみません の気持ちを持っていたいと思った出来事でした。日本の男は(とひとくくりにはできないですが) なんで こんなに やることがちんけなのか・・・外国に少しでも生活した経験がある人は 思うでしょう。
いつになったら コスモポリタンになるのでしょうか・・・

Mille Joies Planning
Mieko SATO

客としてのマナー

Bonjour

先日 訪れた秩父のショップのオーナーと盛り上がった話の内容は、、、日本は本当にお客様のなかにマナーの悪い人がいると
いうこと・・・半端じゃない マナーの悪さ いますいます。旅行の仕事してても思います

日本は 「お客様は神様」 文化なので お客様をとても大切にします。でも それをいい気になっている人が多すぎで。。。お客様はお客様としてのマナーがある。
そのオーナー曰く  正当な話をしてもいまはすぐに書き込まれ あっという間にお店がつぶれることもあるとか・・・

たとえば 雑貨など 割れ物もあるわけで、、、丁寧に扱うのが当たり前 まだ買ってもいないなら お客様にもなってない。。。 それなのに それを落として割る。 普通は弁償だ ま 弁償までせずとも 人間としては まずは謝るのが当たり前。まだお客じゃない、、、、それなのに また来るからといって 逃げたそうだ。この人は人間として終わっている。もう来なくていい。
もう来なくていいから 弁償してけ って私は思います。
子供のしつけもしかり、、、 がちゃがちゃ 触り べたべた 触り 商品ですよ。 お母さんたちは何をしているのか・・・
日本はお客様に甘すぎると私は思います。 フランスに居た人間ならきっと同じ意見でしょう
フランスは まずウィンドーショッピング。 まず どんなお店なのか ガラス越しに見る そして興味があって買う意志があるお店に入る。とりあえず見てみるって入って 触りまくり 何も買わずにでてくる っていう日本人のような買い方はあまりしない。 それに 必ずお店の人に Bonjour といってお客さんはお店に入る。挨拶をお客さんがして入る。この点で私はフランスの文化を尊敬している。

売る側も買う側も 同じ対等の人間 どちらが上でも どちらが下でもない

ものを作っている人への気遣いと 売る側への配慮 ができないなんて 本来の日本人じゃない。感じよい接客は当然大事なことだし必要なことだが、、、、人間としての最低のマナーができないお客さんに対しては こびへつらう 必要はないと私は思います。

確信犯もいるようで、、、買って行って 一度使って そのあとクレームつけてお金を返せと言ってくる。返さないとネット SNSで書き込みをして(あることないこと) お店を攻撃する そんなことに負けないでほしいと思っても でも なにも知らない人はその書き込みを信じてしまうし、、、簡単にお店は倒産するらしい
世の中おかしくないですか 間違っているものに対し それを正したり 指摘したら 逆切れして 自分を反省するどころか 正しい相手を攻撃する。 逆恨み・・・
卑怯な輩にまけないで ご商売をされている方々に頑張って とエールを送りたいと思います。

そして自分がお客の立場になるときは 気をつけたいと思います。まずは お店の人に ご挨拶して 入っていくこと。。。
人間の基本。
どうか オリンピックを前に 「お客様は神様 文化」から 「 人間尊重 上下の差別なし」 のできる国へ と願います。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

いつから日本はこうなった?

Bonsoir

今日は 久しぶりにちょっと早めの電車に乗ったのです ラッシュとまではいきませんけど そこそこ混んでたのでもちろん座れずにおりました 自分で仕事をするようになって 年齢も年齢ですし ラッシュはさけておりました。

今日はほんとに驚きました 日本ってこんなに公共のマナーでできない民族でしたっけな~~と
10月1か月 フランス におりましたので なんだかんだと言われているフランスではありますが 公共のマナーは日本より上 のような気がしました。

混んでいる電車は吊革につかまれる人と、吊革につかまれない人もいたりして 立っているのは大変なんですよね
ましてや 混んでくると立っている場所もなくなる。そんなとき むかつくのは 座っている人間の足。座れているだけでもラッキーなんだから 足 ひっこめろ!って 思うわけです。長くもない足を放り出してひっこめない人 靴の先端が出すぎでその場所があればまっすぐ立てるのに 足があるので 立てないのです  私が立った前に座ってた 足 放り出してた バカ女 綺麗なお洋服をきてもダメですね こんな女性

かと思えば でっかい 荷物背中にしょって どんだけ人に迷惑かけているかも 気がつかないのか 気がついても知らんぷりなのか こんな KYの男性は近づくのもいやですね その背中にしょった荷物 おもいっきり押してやりたい衝動にかられます

それと こんな混んでる電車で新聞よまね~~だろって思う場所で新聞広げてる 図々しい人

そんな光景をみながら思いました。誰もなにもいわずに 我慢して乗っている。。。だから 直らないのかな日本
確かにフランスなら 絶対 足ひっこめろ とか 荷物で迷惑してる とか 新聞あとにしろ とか 誰かは言いいますね。だからそういう人がいない・・・絶対フランス人はいうのです。迷惑して黙って我満なんてありえない

この前も パリのメトロにおばあちゃん と孫 が座ってて、、 おばあちゃんが孫に「マダムに席を譲りなさい」と年配のマダムが入ってきたら 厳しい口調で言ったのです。こうやって教育ってするものですよね。日本はおばあちゃんが立って孫は座らせてる。。。大馬鹿ものが多い。教育する気がない。もちろんすべての日本人がそうだと言っているわけではないけれど、、、、でも そういう場面に遭遇することが多いのです。悲しいかな

これからは 私も言おうかな~~ 足ひっこめていただけますか? って。 あ~~でも言わないだろうな こんなこと言わないとわかんない人に言っても無駄かって思っちゃうもんね。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

マナー講師 平林 都さん

Bonjour

前回のブログに関連するのですが、、、今 マナー講師の平林 都さんという方が たま??にTVに出られたりしてるのをみて、いつも 凄いな ってみてます。

ただ そこまで接遇できなくても って思ってしまうのは私だけでしょうか… 私も決して そういう意味では煩くないほうではありませんが、でも 真心でしてくれていれば 通じますから 最低限が守られていたら OK と思ってます。 今や その最低限さえ出来てない人が多いので おったまげることが多いので
平林さんの目指すところと 現実はかけ離れているというのが 現状じゃないでしょうか。。。

どんなに会社の接遇で素晴らしい接待が出来たとしても、 電車の中で足をぶんなげて座ったり、電車の中で化粧したり、 くしゃみを手も当てずに堂々としたり、 咳しているくせにマスクもしなかったり、 もうあげたらきりがないような基本的なマナーが出来てない方々の多い事 接遇の接待ができるはずもなく まずそれより 基本的なマナーが大事なんじゃないでしょうかね。。。

そういう事ができて 初めて 人を接待できる 接遇に携われるのではないでしょうか…
よく 生け花を習っての帰りかなと思える方が お花を持って電車にのりこみ ガンガンズドーーーンと席に座る様子を見る度 「ありゃりゃ、、、あんな人の生ける花は見たくないな」って思います。 
毎回思います。「お花とかお茶を習うって こういう普段の生活にいきてこない別世界でいいのかな???」 って。 ただ お茶のお手前を知っているだけ お花の生け方を知っているだけで 意味があるのか??って。そんな事できなくても(そりゃ できた方がいいけど)素敵だな って思える立ち居振る舞いができる方が よほど素晴らしいと思うのです。

それでも 平林さんのスパルタぶりはみてて 気持ちがいいですね。今や 本当の血のつながった親ですら子供を本気で怒らない(教育してませんから) 中 あんなにも 一生懸命に教育できる 平林さんに脱帽です

本来は親たちが あ??やって 子供を教育するべきなんですよね。お金だして他人にしてもらうなんて 恥ずかしいことなんです。本来は… ま 今や 羞恥心たるもの存在しなくなりつつありますが。。。

しつけ ってそういうもんです。叱ちゃいけねぇええ??  褒めて褒めて育てろ  って。 へぇええ?? 素晴らしい教育ですこと、、、  ありえねぇええ??? って私はいつも思ってました。ま うちの母親はある意味、、平林都さん なんてもんじゃ ありませんでしたから そう思うのでしょうけど。今の親御さんたちは 友達みたいですよね。親子が。。。

親が優しくて 怒られた事なくて っていう環境で育てば そりゃ 社会に出た時は ひっくりかえりますよ。。。ちょっと上司に怒られたくらいで 精神を病み 取引先に怒鳴られれば 会社にいけなくなり、 クレームがきても きちんと謝れない、、、あげくのはてに 逆恨み。 こんなんじゃ 社会人として通用するわけがありません

全ての責任は そういう子に育てた親にありますよ。 たとえば 平林さんみたいな 母親に育てられたら 社会に出て 多少怒られようが 怒鳴られようが なんてことないです。自分が間違っているから怒られる 怒鳴られるって 訓練されてきているのですから。それを訓練されないまま 社会に出て いきなり それをされたら どんな子も そりゃ 受け止められないでしょう。。。

 それで 今や教育界が崩壊しはじめ モンスターペアレンツが横行し、とんでもない事態になってきているのではないですかね。

平林さんのようなスパルタを(スパルタとは私自身は思ってませんが)擁護するわけではありませんが 少なくても 無関心で命がけで教育せず ペットのように可愛がるだけの 親御さんたちより はるかに愛情がる人だと 私は思います
とはいえ あそこまで 接遇しなくても と思っているのも確かですが・・・ 


Mille Joies Planning
Mieko SATO



プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる