”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

直虎

Bonsoir

1月から始まった 直虎 ご覧になられている方もたくさんいらっしゃるかと思います 私も大河はずっとかかさずみているほうで、、、真田丸から引き続き みてますが。。。
井伊家といえば 幕末期の井伊直弼の方が一般的。そしてこの直虎とは血のつながりはどうやらなさそうです。井伊の名は受け継がれてきたようではありますが その間養子もあったようですし・・・

来週からはもう 柴崎コウになってしまうようで ちょっぴり残念 直虎の子供時代・おとわを演じた 新井美羽ちゃんの可愛いこと 女の子にも男の子にも見えるような不思議な子ですね
この可愛らしいおとわの 許嫁が終われる身となる(親に謀反の疑いをかけられ)ところから ドラマは展開します。

どの国でもどの時代でも 人の妬みによる讒言で陥れられ人生を狂わされる人がいる・・・これが人の世の常なのでしょうかね 嫉妬 妬み 本当に人間の一番 汚い部分でしょうね。人をうらやんでも仕方ないのに、、、
実は 桜は桜 梅は梅 の人生をいくこと って結構大変なんですね。 梅が桜になろうとしても 咲く時期も違えば咲き方も違う。。。そして桜が梅になりたくても 梅のようには香らない・・・
そして何より 男の嫉妬は真っ黒け と言われています。女の嫉妬など可愛いもんだと
このNHK大河のあと 9時からTBSで放送されているA LIFEもちょっと 男の嫉妬がここかしこに。。。

自分への挑戦もせずに 他人と自分を比べて一喜一憂し はては自分よりできる人に嫉妬し 足をひっぱり罠をかけるような人間は 実は恥ずかしいのだということがわかるようになるには 幼い時に良書 をたくさん読むことなのではないか と私は思うのですね。
そういうことは かならず 良書の中で学べます それも 多感な時期に 良い本をたくさん読むこと。読むということに挑戦すること。ゲームではわかりません。失敗したらすぐリセットしてやり直す なんていうのでは 人の心の機微はわかりません
そして何より 何が善で何が悪なのか 何が正で何が邪なのか を判断していく基準を理解していくことも 本を読むことで培われると思います。
とにかく若い人達が たくさんの良書に触れて いろんな豊かな感情を養ってほしいと願います

Mille Joies Planning
Mieko SATO

24時間テレビ

Bonjour

8月21日に通訳ガイド試験を終えて、、、昨年も受験したのですが、4科目のうち2科目が合格でしたので残りの2科目(フランス語と歴史)を今年受験したのです。 もしこれで落ちたらまた来年は4科目に戻りますっていうプレッシャーもあり、、、
昨年4科目を受けたときのほうが 結構 気楽でした

案の定 歴史はボロボロ 力を入れて勉強したところは全くと言っていいほどでないで、これは出ないとふんで勉強しなかったところがど~~ん と出るし、、、わかっていたのに何を勘違いしたか 間違ったり と こういうのがプレッシャーに負けるってことなのかと。。。 今年も歴史はおそらく不合格。答え合わせはしてなかったんですけど、一緒にうけた方が採点していい得点だったようでメールがきて、、、心配になって採点したわけです。そしてちょっと いやだいぶ落ち込んでたのです 歴史は好きだし 結構今年は2科目だったから 勉強したのです。だから余計。あの問題なら勉強してもしなくても同じ点数だったと思います。勉強しなくてできるような常識的な問題と(あんな簡単な問題だすなら 全問題をちょ~難しくされたほうがいい)  ここ出す?っていうちょ~~ マニアックな問題・・・ 
ま、、、できなかった人間がいうと 負け犬の遠吠えなんで 
フランス語はこれはもう、、、2時間ではとてもすべてを答えられない(私のレベル)ものではありましたが でもある意味 マークシートではないので 書くしかない フランス語の難しさと歴史を比べたら 断然 フランス語の方が難しいです。もちろん というわけで ダブルパンチで あ~~今年もだめか と落ち込んでいたわけです

試験が終わるまでは ゆっくりTV をみるなんてことはなかったので 食事のあとちょっといま行われている24時間TVをみたんです。そしたら 目から鱗
あんまり24時間テレビって好きじゃなくて なんか障害者の方々を紹介して 募金 みたいな、、、あまり見てなかったし。募金もしたことなかったんです。みてて切なくなったりするし かといって そう思うのはかえって障害の方への差別かなとか・・・思ったりで。
でも 今回たまたまみた 片足の膝から下を失った小学生がサッカーの本田選手に会わせてもらったシーンで、、、自分を反省 その膝から下の足を失った子が 「どうして本田選手はそんなに強いのか(失敗しても)」みたいなことを聞いたのです。
そしたら 本田選手は 即答「自分はサッカーが下手だと思っているから 失敗しても落ち込まない。もっと努力したら もっと練習しようと思う」と。  なんて素敵ななんて恰好いいと思いました。

試験ができなくて落ち込んで 「来年はもう絶対に無理、受けない」 と思った自分の甘さ、弱さ、思い上がり を刺されたようでした。受からないのはただただ 努力が足りないだけなのです。どんな 偏った試験であろうが どんなにプレッシャーがあろうが それに打ち勝つだけの努力 勉強をしていれば 受かるのです。それを言われたような気がしました。

さあ 来年の試験に向かって また今日から勉強しますよ~~ 絶対に負けない 自分に。自分にまけるのは美しくない ですからね

Mille Joies Planning
Mieko SATO

マスケティアーズ(パリの4銃士)

Bonjour

関東は数日涼しい(ちょっと肌寒い)日が続いてますね まだ関東は梅雨があけてないのが納得の数日。ずっとあまりお天気じゃないような 

今年の夏は暑い 暑いと脅されて いるような感じでしたけど、今のところそんなにまだあっつ~~い夏という感じじゃないですね となると、、、夏の暑さはもう8月1か月が正味なんで(9月が暑くても 真夏の暑さとは違いますから)今年は 言われたほどではなかったような気がしているのは私だけでしょうか。
いままでで もっともっと暑い夏はあったので・・・

さて夏といえば、、、ヴァカンス
と言っても 世界中いろんな悲惨な事件が起きていて ついこの間も ドイツで 子供ばかりを狙った殺人がありましたので、もう海外は怖くてどこにもいけない って思っても仕方ない現実がありますね。
これから ブラジル  リオでオリンピックも始まります。どうかリオで悲惨なことが起こりませんように祈るばかりです 

今 私がはまっているNHKの海外ドラマ マスケティアーズ(毎週日曜23時NHK) 原作はアレクサンドル デュマ 私の大好きな作家 三銃士といえばご存知のかたも・・・ アラミス アトス ポルトス そして ダルタニアンの4人が活躍する。そしてどの人が素敵か なんて話が弾む、、、私は原作本の中で読んだときはアトスのファンでしたが、、、このNHKのドラマでは、アトスもいいけど ポルトスもいいな~~ でもやっぱり トレヴィル隊長のファンでございます 

アレクサンドル デュマの書いた作品で一番好きなのは モンテクリストフ伯 もしまだお読みになってない方がいらしたら 是非お勧めです 長いですけど あまりに面白くてあっという間に読み終わりますから

今晩もこの4銃士+トレヴィル隊長に会えるので ルンルンです テーマソングもとっても
まだご覧になったことがない方は 是非是非みてみてくださ~~い。もちろん原作本とはちょっと違いますが。。。
なかなか面白いです

Mille Joies Planning
Mieko SATO

あさが来た

Bonjour

大好評だった NHKの連続テレビ小説「あさが来た」が先週末 終了しました。私も 出張でいなかった10月1か月をのぞいてみておりました 視聴率が高かったのも納得。まず 内容自体がとても素晴らしい のに加え キャストもよかった・・・・なぜかNHK連続テレビ小説って 大阪の方が受ける。。。大阪には勝てない

明治の女性「あささん」は本当にすごいですね~~今の時代でも 平成でもですよ、女性は何も言わずにニコニコしてればいい みたいなアホなこと言う(思っている)人 がまだまだいるなかで、また女性自体もそういう人がたくさんいるのに、、、本当に尊敬します。

先週 あささん役の波留さんが このドラマで学んだことはといって、 「何かを成し遂げようとするなら 人から好かれようなんて考えは捨てなくては 何も成し遂げられない」 みたいな話をされてたのが 印象的でした
他人からどう思われるかとか 嫌われないようにとか そんなこと考えていたら 言いたいことも制限され 悪を悪と吠えることもできない また 間違っているものに対してものをいうこともできない。
でも 言いっぱなしでは何も成し遂げられない。 黙っているほうが 楽 なわけです。波風もたたないしね。

「あさ」の言いたいことをいって 行動するあのパワーは素晴らしい 見ている日本の今の時代のご婦人たちは 「あさ」を肯定的にみているはず。 なのに いざ 自分の目の前にあの「あさ」のような女性がいたら どうだろうか・・・本当に 「あさ」に続けと行動できるだろうか 残念ながら 私はそうは思えない。なぜなら私の廻りでも 昔からのやり方を見直し、改善しようとしない また間違ったことをしている人にそれを間違っているといわずに 気がつくまで 「見守る」 という 一見、人間できてるように思えてしまう言葉でごまかそうとする人もいる。 

要は何かを成し遂げようと思ってない人だということです。当たらず触らず 見ざる聞かざる言わざる

平成の時代でも まだまだ変われないこと多々。ましてや明治の代で あの仕事を成し遂げた「あさ」に心より敬服します
何よりも女性としても 素晴らしい伴侶に恵まれ ご主人を大切に思い、ご主人をたてていた「あさ」さん 本当に素敵な女性ですね。そしてそんな素敵な女性を拾い上げて 小説「土佐堀川」をお書きくださった古川智恵子さん にも感謝いたします 

Mille Joies Planning
Mieko SATO

ナポレオンの村

Bonsoir

「ナポレオンはこう言っている」 というフレーズが決まり文句のTBSドラマ。
ナポレオンといえば フランス人 だから 見たわけではないのですが。。。

最初は 公務員の仕事ぶり がまさに そうだそうだ って 見てたんですけど、そのうち なんだかナポレオンの言葉が出てきて、おもしろい!って それにBGMもいい からかな・・・

いち役人が 市民のために 最初は一人で奮闘する、、、そこには 市民のことなど考えないいわゆる保身の市長 が。 男の嫉妬はまっ黒けといいますが、、、本当に見てて怖いくらいです 公務員になって(役人になって) 権力を行使する人間になるか、 市民のために下僕となって働けるか、、、いま この立場にいる方に是非 見ていただきたいと思います

最近は どんどん東京離れが進んでいる気がします。おいしい水、おいしい空気はなかなか東京にはないですね・・・
これからはどんどん高齢化。 健康で長生きするためにどうしたらいいか 考えていくと、、、なんだか 自然と住むところはおいしい空気とおいしい水 そして なんでもかんでも揃って便利でない ちょっと不便な場所 なんじゃないかと思います。体を動かさざるを得ないことが大事です。ちょっとそこのコンビニも車 でいくなんて人は 要注意

とにかく自分の足で歩けなくなるのが一番 辛い ですからね 腹八分目+ 運動 
私も いまから 気をつけたいと思ってます

Mille Joies Planning
Mieko SATO









プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる