”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

おもてなし = 無料のサービス ??

Bonjour

先日NHKで日本への観光産業をどう考えるかというテーマでトークしているのをたまたま見ました
これから 日本人の人口がどんどん減少するので 海外からの観光客が落とすお金は重要な収入源になるということ
今後 ここに力をいれていくのは大切だと・・・・
いろんな 話をしてましたが、、、地方にもどんどん行ってもらおうとか もう少しアルファベット表示にしようとか 

最終的に 海外の旅行者の方々にどれだけお金を落としてもらえるか、、、という話になり。
日本ではあまりお金を使っていない ということも

それは日本側にも 大きな問題がある という結論でした。そうです 私も本当にそう思います
日本は おもてなし = 無料のサービス って概念がこびりついている。。。だから お金をとろーもんなら えげつない とか しっかりしているとか  ケチだとか って レッテルを張られるし お金払うならやらない いらない ってお客様が多い。
どっちが えげつない ケチ なのか と いつも思います。 ただ 動くのは地震だけ って言った方に私は敬意を表している人間で、だからこそ 人をただで使おうと思わないし、 お世話になったら それに対して気持ちを形に表すようにしています。

旅行もそうですけど 情報は 無料じゃないんですよ。 お金を払った方と 払ってない方が同じ情報を受け取れるのは絶対におかしいのです。 差別化は必要だと私は思います。
たとえば 旅行会社が作っているパンフレット 日本ではただで立派なパンフレットが無料でバンバンもらえる。ま それをただであげている旅行会社にも問題はあるのですけど、、、それを 例えば100円でも200円でもするとしたら 本当にその棚から手にとって持って行った人達が同じ人数だけ もっていくだろうか・・・
そして パラパラってみて ゴミ箱に ポイ ってできるだろうか。。。

早く 間違った概念を払拭し、 おもてなし をしたら それに相応の代価を要求していける社会になってほしいと思います。
おもてなし = 無料のサービス は誇れる文化ではないのでしょうね 。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

日本の課題

Bonjour

学校も夏休みに入り あちこちで子供たちを見かける時期になりました。昼間の電車に子供が乗ってくると、、、あ そっかと思います。子供たちにとってはうれしい夏休み。お母さんにとっては大変な夏休みです

日本はどんどん少子化が進んでいるのだから そんなにたくさん家を作らなくても問題ないのでは と思うけれど、、、東京もマンションがバンバン立っているし ホテルも(これは東京オリンピックに向けてでしょうが) その分空き家も増加してます。オリンピック後の 不況が怖いですね・・・

先日NHKで有働アナとマツコがでて AIが導く将来の日本 みたいな番組があり たまたま聞いてましたが、、、どんどん少子化が加速するらしいし 高齢化も急激に進む。。。現在100歳以上が7万人 と聞いたとき おったまげました。むか~~し 100歳を超えると すご~~い と言って日本で何人いるのかな なんて会話はもう

医療が発達し 寿命が延びてはきているものの その7万人の100歳以上はおそらく 施設にいるか 病院か 家にいても寝ているほうが多いか、、、元気で一人で生活できている100歳以上は何人もいないかと思います。それで7万人もいる。これからもっと増えていくと。。。そして子供は少なくなっていく。どうなる 日本 って感じです。

50代半ばになった自分は 自分の人生もすでに折り返しているわけで(100まで生きたとしても 折り返している。たぶん100までは生きないから・・・とっくに折り返しです。) これからの生き方を真剣に考えないとと思うわけです
ただ 年齢がいけば 必ずついてくる親の介護問題もあり、、、自分が存在する限り親は存在するのですから ほっておくわけにはいきません。まして結婚してたら 相手の親もいるわけで大変です。昔は 寿命が長くなかったからあまりこの介護問題は目立ってはいなかったけど、いまや社会問題のTOPだと思います。老々介護ならまだよくて 認認介護とか(認知が認知を介護する)になったらそれはもう大変なわけで、、、東京オリンピックにうかれている場合じゃない。。。介護する側が先に体を壊す。早急に国で対策を打たなくてはいけない問題かと・・・・

そして親の介護で会社を辞めざるを得なくなった人への なんらかのケア(法律)とか。。。やめなくてすむように社会が対策tをたてるとか、、、待機児童の問題ばかり大きくクローズアップされているけど、、、どちらかというと先に考えないといけないのは 介護施設なのではと私は思います

本当に人道的な崇高な志のある政治家が増えていかないと日本は大変です。東京大学でたとか ハーバードでたとかそんな次元で政治家を選んでいてはいけない。。。選ぶ側も心して政治を監視していかないと人のせいにばかりはしていられないですね。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

終戦記念日

Bonjour

今週のテレビは戦争に関係しているものが多いですね 特集とかドラマとか・・・
そして今日は 終戦記念日 ですね。
私も 戦後生まれ・・・これから どんどん 戦争を知らない世代になります。
永遠に 戦争を知らない世代が生き続けることを 切に祈ります

先日、戦中に女性でNHKのアナウンサーをされてた方をたまたま テレビでみました。
当時は いいたいことは絶対に言えなかったと・・ コントロールされていたし、そういう時代であったと。
今は なんでも言えていいですね、と語っておられました。
確かに戦中から比べれば 天地雲泥の差 でしょう。 しかし マスコミが本当にすべてに平等な
報道をしているかどうかは 21世紀の今でも 疑問です
だからこそ きちんと 自分で考え 行動しないと と思います

今の時代に 戦争反対をいうのはそれほど難しくありません。しかし 当時の渦中にあってそれを叫べるかどうか・・・・
非国民といわれる時代に 戦争を反対と叫べるかどうか が問題なわけです。そのことを主張したせいで、投獄されたり、追放されたりといろいろな 迫害が受けた方々を今こそ 英雄 と称えるべきだと私は思います

世の中が一つの方向に向いていて 多数の方が正しいと言っていることに対して ちょっと待った というのは とても勇気 がいるし、覚悟 がいることです。 国のレベルまでいかなくても 団体やグループ 組織となれば 同じこと。。。。間違っていると思ったら 間違っているといえる社会や団体 組織、、、自分の意見と違う意見を持っている人間に対して どこまで 聞く耳を持てるか・・・ 人間自体がレベルをあげないといけないのですね
問答無用は最低の文化だと思います 早く 日本もこういう 負の文化から脱却しないと

Mille Joies Planning
Mieko SATO

平和を願う日

Bonsoir

今日は広島に原爆が投下 されてから70年でした。毎年毎年 8月6日の朝 8:15になると あの悲惨な広島の地獄を思います
この世に あれ以上 悲惨なことってあるのでしょうか と思うほどです。
でも あんな悲惨な現実から たった まだ70年しか経ってないというのもちょっと衝撃的です。

私がフランスに留学していたころ よく原爆の話になりました。何度かブログでも書いてますが、、、本当は原爆は京都に落とす予定だった・・・それを 文化財の多い京都はやめた方がいいといったのは フランス でも じゃ 広島ならいいのか ってことになります。そして 9日は長崎。本当に悲惨な歴史があったのだと 毎年痛感します。

こういう現実があったからこそ どうやって今後 絶対 戦争をしないようにしていくか 日本は大きな役割を持っていると思います。

今日の阿部首相の 広島でのあいさつ ちょっと違和感があったのは
阿部さん 自分のあいさつに対して   ご挨拶とさせて頂きます と 「ご」 をつけた。これってどうなの?って思ったのは私一人でしょうか??
自分のあいさつに 「ご」 つけるかな~~~ 首相は偉いから?? それにしても原稿はチェックしているだろうに・・・じゃ あれで 正しいのか どなたか おせ~~て
滑舌が悪いのは仕方ないとして、、、原稿は何度も何度もチェックしないといけない 式典かと思いますね。

絶対に絶対に 恒久平和のために一人一人ができること(ただ むやみに政策に対して 反対反対ではなく) どうしていくことが 本当の世界平和を願っていくことなのかを考えたいと思います。口で言うのは簡単です。実行している人はだれなのか、、どこなのか・・・きちっと見ていきたいと思いますね

Mille Joies Planning
Mieko SATO


日本人として

Bonjour

なんどもブログで書かせて頂いてますが、、、とにかく 今の学生さんたちの日本語力 の低下が なげかわしい限りで、、、なにが 英語(外国語)教育 かっておもったりします。。。

TVでもクイズ番組が沢山あり、そのなかで 馬鹿キャラとかいって笑ってますが、、、笑えない
日本人として こんな漢字がかけなくて笑ってられない って思うのは厳しすぎるのでしょうか・・・

先日もある大学生から 大学生ですよ! 一応大学受験をうけて大学なるところに入学している人ですよ。。。中卒、高卒じゃないのです。。。いや 中卒 高卒の方でもきちんとした方 いらっしゃいますから そういう問題じゃないのでしょうが。
頂いた手紙が あまりに誤字脱字が多くて これが今の日本の現状か と思ったりしました お手紙を頂いたことはとても感激でしたし、感心したのですが、、、だからこそ ちょっと残念だったのですね。きっと・・・

日本の政府は留学を斡旋し プロジェクトに沢山のお金を投入してますが 海外で他の言語を学ぶ前に 日本語きちんと勉強させないと ヤバイ です。留学の目的は語学だけではなく 精神力の強化 自立、親離れ子離れのチャンス など 他の大きな意味があるので 留学自体は悪いことではありませんけど。行かせる方の親御さんの意識を変えないと また 国の意識もかえないと ただ アホみたいに 英語英語って 英語ができないと 駄目 みたいな風潮は危険ですね
どんなに英語を(外国語)  流暢に話ししても 人間として社会人として生きていけないような人間ばかりができたら こりゃ大変です すでにそんな感じになりつつありますが・・・

でも いつも最後には思います、、、やっぱり育てている親に全てがかかっていると
学校の先生でも 国の政策でもないです。 学校の先生が悪い、世の中が悪いって言っている間はなにもかわりませんね。
親になること とても大変なことなのですね・・・・でも 親がまず変わらないと 子どもは変わりません。
逆にいえば、親の意識が変われば これはもう凄い! 子どもはどんな可能性でも開く力があるのですから。

Mille Joies Planning
Mieko SATO
プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる