FC2ブログ

日本人のモラル 

Bonjour

今は世界中 コロナの話題でもちきりです、、、フランスやイタリアにいる友人たちともよくラインやWhatsappでコンタクトして お互い今は大変だけど 頑張ろうと励ましあってます ヨーロッパは日本より感染が急速に広まって大変なことになったので 外出禁止や営業停止で街がいま死んだ状態ではあります。あと数週間頑張れば と話していました。
でも そうすることで 国民の生命を守ろうとしていることを きちんと理解して従っているわけです。

それにくれべて日本は 外出も自粛で自由といえば自由。それはヨーロッパほど爆発的に感染者が居ない 亡くなった方の人数も比べたら少ないから ということでしょうが、、、あまりに事態を軽く考えている若者たちが多いと(若者だけじゃない) この先はどうなるかわかりません。ヨーロッパの二の舞になりかねません。 
 私が3月13日からのフランス出張をやめたのが 3月8日の日曜日(2月下旬あたりからず~~~と悩み、考えた挙句の結論。そんなに簡単には決められないのです。年に1度の大事なフランスとの仕事。苦渋の決断でした) そのころフランスの友人たちは 口をそろえて 「 君が フランス行きをやめるほどの病気じゃない。遊びならともかく・・・ 」 と。
私も最初はそう考えていたのでなかなか とりやめと言えずに引っ張りましたが、今 振り返って本当にやめていてよかったと思います。 強行突破していたら 今はどこにも出られず 移動もできず もちろん仕事なんてできないし(フランス人は自宅待機なんだから) ただ 日本からフランスへ移動しただけで 日本に帰ったら 羽田で止められコロナの検査をさせられて きっと陽性。 大変なことになってました。  「 君が フランス行きをやめるほどの病気じゃない。遊びならともかく・・・ 」 といった友人たちも やめてよかったと、、、自分が言ったことは忘れてます。さすが フランス人 そして 「いつ来る? 夏か? 秋か?」 と・・・

2月の中旬あたりから もっと前からでしたかね?? コロナコロナと言われ、、、学校まで休校になって トイレットペーパーやティッシュペーパーまでスーパーから消える騒ぎもあり( 馬鹿げてますが ) そういう社会状況をわかっていて それでも 3月に旅行に出掛けられる人って どういう人なのかと 仕事じゃないですよ、、、遊びですよ。 ましてや 大変なヨーロッパに出掛けていく人。私には到底理解できません。 そういう人達のモラルって なんなんでしょうか。 政府も自粛なんてあいまいなことを言わずに 学校をすべて休校にした時点で どうしても行かなくてはいけない仕事などを除いて 一切の渡航を禁止すべきだったんですよ。 たとえモラルのない日本人がいたとしても 禁止されたら 行かれない。ましてや 旅行会社はお気の毒に キャンセル料をとらずにキャンセルさせてくれる措置をしいていたんです。それでも 自分の判断で行ったなら そのあとに起こりうる経済的負担を自腹で払うのは当たり前で、それを 成田や羽田で検査のためにとどまる費用を国が出せとか ふざけた ことを言う神経が私には理解できないのです。こんな状態になっている中 自分で行ったんですよ。そのことよく認識してもらいたい。そう思いませんか?
 その上 旅行会社に文句いうのもお門違いです。自分が社会状況を判断して 自分でキャンセルするんです。 特例でキャンセル料は頂きませんとまで言ってくれている。なんでもかんでも 他人のせいにして なんでもかんでも国に要求するのは恥ずかしいと思わないのでしょうか。陽性反応が出た10代の子の行動は空港で許した方に責任は大です。(10代だから親の責任が大です。) そのせいでその地域がコロナに侵されていくことになって 亡くならなくていい人が亡くなっていくとしたら どう責任をとるのか 取れるのか 取れるはずはないです。自分のことしか考えないエゴイストにならないようお互いに注意したいと今回のことで考えさせられます。その子の人生に汚点を残すことになりかねません。だいたい 休校になった意味は何かを考えたら行動もおのずとわかるはずです。そして わからないくておかしなことを言ったら それを教えるのが親。。。

とにかく これからが一番 爆発的に増えるか抑えられるか大事な時期だと思います。世界中が見えない敵と戦っているのですから、もっと 危機感をもって とはいえ 悲観的にならずに この敵と戦っていかないとと思います。

決断はスピーディーに 明確に! 政府にお願いしたいです。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

麻生財務相の辞任要求 

Bonsoir

いきなり 怒ってます
麻生さんの数々の耳を疑う発言 ありえません。

なんで 平気な顔してまだ職についているのでしょうか。私にはとても普通の神経とは思えません。そんな人が国の財務をつかさどるなんて あってはいけない と思いませんか
福田次官のセクハラ問題が問題になってますが もうそのずっと前から 麻生さんの発言はおかしいです

情報が欲しい人の弱みにつけこんで 人間として 最低ですわ。そしてそれを最低だと思ってない麻生はもう政治家どころか人間として失格でしょう
あるコメンテーターが言ってましたね。
麻生さん、あんたの娘が同じようなことされても 同じ発言がおまえはできるか・・・と。そういう奴ほど 身内がされたら逆上するもんです

私も実はそのコメンテーターと同じことを ある歯医者に言ったことがあります
私の歯を治療してた最低な水天宮の歯医者。やっつけ仕事をして私の歯をめちゃくちゃにした。私は滅茶苦茶にされたとは思わず、出張でフランスへ もう5年以上も前の話ですが。
そして フランスで大変なことになりました。一番避けたいパリでの歯の治療。そして もっと滅茶苦茶にされた
帰国して 今の上野の歯医者に助けてもらいました

そして 私は水天宮の歯医者に あなたの息子さんや娘さんにも同じ治療するのか って訴えた。治療にかかった費用とパリでかかった費用全額を要求。もちろん支払ってきました。謝罪とともに。でもお金をもらっても 前の自分の歯は戻らない。そして体への負担を考えると慰謝料請求も当然のこと。それはさすがにしませんでしたが、、、お金じゃなくその歯医者をやめさせたかった。こんな歯医者がのうのうと営業していてはいけないのです。

麻生さんも一緒。早く福田次官とともに辞職して頂きたい。恥ずかしくて仕方ないです。麻生さんの格好も発言も・・・
政治家の質が問われるべきだと私は思います。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

中川さんの離党 

Bonjour

中川さんが自民党を離党したということですが、、、これは夏の都議選に自民党に迷惑をかけないようにと離党したと。。。自民党を離党するだけでいいのですか? 議員辞職はしないのでしょうか 国の仕事なんて任せたくないですね

女性問題 政治資金の問題 などなど いろんな問題が背後にあるようですが、そんな人間が議員でいいのでしょうか

ま、女性問題については 相手になる女性もいるのですから、片方だけが悪いとは思いませんが、バカにはバカが居るもんだと感心します。(毒舌は周知のこと) だいたい 結婚している方と 結婚はできないから せめてウエディングドレスだけでも来て写真を撮りていだぁああ~~~ アホか 本当に中川さんを好きなら 結婚してて奥さんも子供もいるのだから 迷惑かからないように静かに去るのがいい女なんだよ。ま アホだからわからないか
人間だから 妻子がいる人を好きになることもあるでしょうよ。でも その先は 人間として生きないと 動物として生きてはいけないのです こういう自己中の女性が増えると社会は乱れるのです。
こういう人が なにもなかったかのように ほかの男性と結婚して子供産んで母親になるのが おそろしい
もちろん 女性の心をもてあそんでた大馬鹿野郎は 中川ですよ。いいとしぶっこいて ツーブロックのカット なんかして 議員としての仕事をちゃんとやってたのか 本当に疑問です。
あんまり ぼこぼこ にすると 奥さんとお子さんもお気の毒なので この辺で。。。

政治家も人間だからなんてぇえ~~のは 通りませんから。だったら 政治家なんかにならずに 遊んでろ
だれのお金で生活しているのか よ~~く考えてほしいものです。
そういう人たち ほかに 公務員もそうだし 教員もそうだし 警察官もそうだし 公の職業、それから教会だ~~~寺だ~~という宗教関係も信徒の供養から生活ができている人間も。。。 人間だから仕方ない なんて理由は通りません 絶対にダメです。

人間として生きること。それは正しい哲学をもつことにつながるのではないでしょうか・・・本能のままにいきることにちょっとまてよ、と立ち止まれる自分でいられるために。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

将の将たる の難しさ 

Bonjour

先日 やっと石原元都知事がでてきました よわい83?84?確かな年齢はわかりませんが、、、歩き方もダイブ年をとられた感は否めません。。。それにしても ま~~ 格好の悪いことったらありゃしない
なんだありゃ って 感じ あんな人間が東京都の都知事だったかと思うと 東京在住の方はお気の毒 ご愁傷さまです
だれだか 言ってましたが 「すべては都知事であった私の責任です」といえたなら どんなに石原さんの人間が輝いたであろうか・・・ま そんなことが言える人なら こんな事態になってないか
このすっとこどっこい ぜ~~~んぶ 人のせい・・・・ でもそういう奴って 本当にいるんですよね。恥知らず
あまりの格好悪さに みているのも気分悪くなり(電車の中で スマホで見てましたが) 16時までの予定ですから この辺でといって 打ち切られ でも司会者が食い下がった。 なかなか やるじゃんと思ってたら終了・・・・なんだか全然わからない 
小池さんも言ってましたが 内容がよくわからなかったと その通り
最後の最後にどなたかが言ってましたけど。。。今日の為にいろいろと答えられるように準備してくるのが務めではないかと。何を聞いてもはっきりした答えがない。まさに よくわからない 状態。
挙句の果てに 最後になんで 豊洲は大丈夫だとプロが言っているのにすぐに移らないでぐずぐずしているのかと 現都知事の小池さんを非難するような発言をのたまった。こいつアホか ってマジ思いました。それができないことが発覚し それで問題になって、お前はここによばれたんだろって
ただの小説家で政治家ではないと だれかが言ってましたけど 小説家に悪いよ そのセリフ。話にならないあんぽんたん。

だいたい 長として(都知事) ハンコ押したものに対して忘れたとかわからないとか 口がさけてもいっちゃダメってこと わからないような アホですよ。でも 確かに組織の長といいつつ そういう類のアホ はどの組織でも存在してて、、、なんで こ~~なっちゃうのか 本当によくわかりません

それでですよ、大金をかっさらってる。。。給料泥棒 それも税金・・・あ~~都民はお気の毒。でも ほかの県だって わかりませんよ~~ だからこそ きちんと政治は監視しないとなんですよ。国民がアホだと いいようにされる。
そして組織内で てっぺんがあんぽんたん だと その下につらなっているのもアホばっかになるってことです
やっと都庁は小池さんになり ノーマルになりつつあります。本当に小池さんにエールを心からおくりたいと思います。

組織は 長がどれだけ大事か、、、将の将たる人格者が長にならないと とんでもないことになってしまうのです。どんな組織も。。。あ~~~全く 恥ずかしい石原さん。次回はもう少し格好いいとこ みせてほしいものです

Mille Joies Planning
Mieko SATO

ネット社会の弊害 

Bonjour

ちょっと前に話題になった芸能人のブログやつぶやきや支援(熊本の地震に対して)に対する批判。
ちょっとびっくりしました 

なんで人の好意を素直にとれないのか・・・
批判を書いている人って ちゃんと自分の名前をフルネームで書いているのか・・・
人に対して モノ申すときは ちゃんと自分の名前をフルネームで書く そのくらいきちんとした姿勢で書くのが大事だと思います。賞賛の反応は名前は書かなくてもいいけど 批判やクレームはきちんと名前を書いて そのあと対話が可能なようにしないとそれはフェアじゃないです。いいっぱなし 攻撃しっぱなし 自分への抗議は受け付けない。ありえません
そういうことが耐えられなくて SNSやネットにつながるのを避けている人も最近少しずつ増えている気もします
それもまたちょっと残念なことです

電話でもありますよね。。。非通知コール 私は非通知コールは出ません 自分の電話番号を隠さないといけない人間の話は聞く必要はない。一方通行はフェアじゃないと私は思います。
あとから問合せされても 逃げも隠れもしない正当なことをしているなら なにも非通知にする必要はないです
何らかの理由があって どうしても非通知にしないといけないことを除いてですよ、もちろん

なんでもそうですけど それを使う人間の品格が問われます。
どんどん 世の中がハイテク化し なんでもかんでも手ごろになると 人間自体の品格 人間性 教養が追いついていかないと 恐ろしいことになります。気をつけたいものです
人の好意を素直に受け取り 皆がお互いを思いやり 感謝しながら生きていけたらと思います。

最近のCMで 横断歩道を通行中 ぶつかりそうになったとき どちらかが柔らかさを持っているとぶつかり合わないというのがありますが、、、確かにな~~と思いながらみてます。でもこういうCMをしないといけないって こと これはちょっと悲しいですね
シルバーシートもしかり、、、わざわざ 場所を設けないといけない。人間教育が必要な時代なのでしょうか・・・昔はそういうこと 家庭で厳しくしつけられてたこと。と私などは思うのですが・・・時代なのでしょうかね。
昨日も野球のユニホームを着てた男の子たち 親も数人いて 監督らしき人間も一緒に電車に乗ってましたが、、、席をぶんどって座り おばあさんが乗ってこようが 知らん顔。 そばに親がいても 何も言わない 監督も一緒に座ってしゃべっている。世も末だと思いました。親や監督が教育できる人間でなければ そりゃ 子供はできる大人になりません

Mille Joies Planning
Mieko SATO