FC2ブログ
2019_04
20
(Sat)19:53

ベストシーズンを迎えます

Bonsoir

やっと4月も半ばをすぎ、日本もフランスも天候が落ち着くいてきました
これからはどんどん いい季節になります ゴールデンウイークをすぎるころから フランスはとてもいい季節です。そして6月は本当に日も長くなり、暑くもなく寒くもなく 日本のように雨の季節はありませんから、湿気もなく。。。私が大好きな季節になります
なんといっても 初夏は果物がどんどんマルシェに並び始めます。できるなら 5月半ばから6月いっぱい約1か月半くらい フランスに滞在したいと思います。そして 8月下旬から10月いっぱいくらいまでもなかなかいい季節です。年にこの時期2回 フランスへ行くことができたら こんな贅沢はないでしょうね
7月8月も悪くはありませんが、、、ヴァカンスの時期なので、旅行者はあまり面白くないかもしれませんね。いいレストランは閉まってしまうし。。。

さて今年も 6月15日16日とルマンで恒例の24時間耐久レースが行われます 昨年富士スピードウエイに営業に来たルマンの観光局の局長も日本からのお客様のお越しを待っています。弊社も微力ながらお手伝いさせていただいております ルマン24Hが行われる頃は最高にいい季節ですから、是非是非 これからどんどん日本からルマンの24Hを観戦していただけるとうれしいです

日本は10連休のGWに旅に行かれる方が沢山いらっしゃるかと思いますが、、、もし もう会社に縛られない生活を送られている方は GWをはずして お得にベストシーズンにヨーロッパへ行かれることをお勧めします 見たいもの したいこと によっていく時期を選ぶ な~~んて 贅沢な旅をお考えの方は是非ご相談くださいませ

Mille Joies Planning
Mieko SATO
2019_04
10
(Wed)19:43

帰国してました。

Bonjour

3月13日から24日まで仕事でフランス行ってきました
北と南の旅でした(ノルマンディーとマルセイユ) 800キロくらいの移動でしょうか・・・もっとかな

毎年行われる大きな旅行業界のワークショップ。来年はナントに決まりました ナントはロワール地方になりますが、、、ブルターニュにも近く 来年のプレツアーが楽しみです とはいえ 希望の場所にいけるかどうかはわかりませんが 今年も第4希望まで取られましたけど 全然希望を聞いてもらえない人もいたとか・・・来年はどうなることか。
ま 日本から50名以上の人がいくので 仕方ないですけど。
来年は招待の無料チケット(エアフラ)ではなくて 自分で買っていけるように今年は頑張って儲けないと
無料というのは(とはいえ 完全無料じゃないのだけど) いろいろと規制があるのは当たり前ですから、、、滞在を伸ばしたくても伸ばせないし、乗りたい時間帯も指定できない、、、会社員は会社がお金だしていくのですから わがままは言えません。当たり前。 でも自腹の事業主は自由でありたいです。。。

1年ぶりのフランス。たぶん今年はもう行けそうにないので また来年の3月に行けるよう仕事に励みます 沢山の情報を仕入れてきましたから 楽しいツアーがつくれたらと思います

詳細はすでにFacebookでご紹介済みです。是非ご覧ください。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

2018_06
08
(Fri)22:36

フランスワークショップ

Bonjour

さる5月29日 フランスのワークショップが赤坂のキャピタル東急ホテルで行われました。今年から ちょっとシステムが変わって、なんだか ちょっとやりにくかった気がします。ま 最初の試みですから 最初からうまくいかないとは思いますが、、、あちこちから ブーイングの声がしてました。ま、 聞く耳はないでしょうが・・・

確かに いままでは仕事もせずに 夕方の食事の時間になると現れるおなじみさんのおじさんたちを排除するにはいい策かもしれません。そして その夕方のふるまわれるお食事は 招待状をもらった人だけが入れる仕組み。でもその招待状をもらった旅行会社がアポで仕事しにきたのかどうかは なぞ。。。
だんだん 予算がなくなると こうなるのです。これだけ フランスの観光業は厳しいということです

あとからフランスの出展側の人にも聞きましたが、その日の夕食は(大使館) ブッフェ形式だったけど 結局日本の招待されたエージェントたちが食べるので自分たちはほとんど食べられなかったと・・・なんのためのお食事会? フランス側の出展者のためなら 日本のエージェントを招待する必要ないし、もし 日本のエージェント側のためなら フランスの出展者たちをよばなくてもいい、、両方よんで交流をというなら もっと あまるほどのブッフェをしないと、、、あまりに悲しいし、、、ちんけ

せちがないというか なんというか、、、、 ワークショップも一つのブース15分 15分経つとベルがなる とっとと次の人と席を交代しないといけない。
そのうえ自分が話をしたいと思ってないブースに勝手にアポを入れられる自分が行きたいところの間に。。。これには おったまげました
強制的に 話をきかないといけない って ないでしょう・・・ 反対にこちらが聞きたいブースで話がきけないっていうのもおかしい。。。
なんだか だんだんやりにくくなってきましたね~~~
3月にフランスで行われる ランデブーフランスに行ったら 別にこの6月のワークショップは行かなくても大丈夫かもしれません。
なんて思いながら 帰ってきました。。。

Mille Joies Planning
MIEKO SATO
2018_04
14
(Sat)19:18

知られざる悠久の歴史が残る街 ルマン

Bonjour

今回 いけばなで文化交流を行ったフランスのルマンの街といえば みなさんは24時間耐久レース F1とか車 のイメージしかないのではないでしょうか、、、実は私も実際に訪れるまではそうでした。
なんだか 名前は知ってるけど車のサーキット場しかない 見所がない街 みたいな印象でした。私は車好きなんで サーキット場に行きたくて何十年も前にルマンの近郊にすむ友人につれて行ってもらいました
2015-10-22 14.23.53-1 2015-10-22 14.06.08-1
2015-10-22 14.58.47 2015-10-22 14.57.28

ところが、、、ルマンにはたくさんのメリットが・・・ルマンはパリからTGVで55分。CDG空港からも直行のTGVあり。パリを通らずに入れる。そして物価が安い(ホテル代が安い) 移民がいないのでテロの心配が少ない。モンサンミシェルまで1時間半。ロワールのお城まで1時間から2時間(お城の場所による) と 利便性に富んだ町なんです。
そして なんといっても敷地面積が世界一のカテドラルを有し(パリのノートルダムをはるかにしのぐ) その周りには3世紀ロマン時代に建てられた建築物が残り 柵もされていないその歴史的建造物に触れることができるのです。そして中世の街がそのまま残っていて、よく撮影で使われています。(シラノドベルジュラックなど)
おそらくここ数年で ユネスコの世界遺産に認定されることでしょう。そうなればたくさんの人が訪れてくれると期待しております。でもせっかくですから 観光客が訪れるまえに 物価が上がる前に訪れたいものです。
2015-10-22 12.19.24-1 IMG_6081-1.jpg IMG_6086-1.jpg


2015-10-22 09.49.56-1 IMG_6106-1.jpg
 
2015-10-22 10.47.10-1 2015-10-22 10.50.07-1 2015-10-22 10.27.06-1
IMG_6129-1.jpg IMG_6134-1.jpg IMG_6131-1.jpg
日曜にはカテドラルの前でマルシェがでます。 

是非、パリから55分のこの見所たくさんの街へ Bon Voyage!!

Mille Joies Planning
Mieko SATO

タグ:ルマン、カテドラル、24時間レース

2018_04
11
(Wed)19:51

日仏文化交流

Bonjour

今回、日仏文化交流の一環として ルマンで草月のいけばなを通してフランスで日本文化を紹介するイベントをやって参りました。
テロ以来日本人がフランスに行かなくなり、観光業界も危機的な状況になり、ルマンの観光局長からご提案いただいてルマンの公的機関であるPalais des Congres を提供するので日本文化を紹介してほしいといわれて、草月の先生でフランスでのバラコンクールでお目にかかった木戸くみ先生にお話をさせていただいたのです。 かなりの好条件での依頼でしたので是非木戸先生にと思いました。
しかし 残念ながら木戸先生もお忙しく、その好条件の時に合わせて渡仏は叶わず、、、数年が経ちました。その間日本の中で対応していた文化交流団もあり、ルマンは日本文化をルマン市民に紹介し続けてきました
そして2017年の春、木戸先生よりもしかしたら渡仏ができるかもという話で 間に入りましたが、これまた木戸先生のご都合がつかなくなり、、、草月の関係でとても忙しかったようです。 そしてこれまた流れました

そんなこともあって、、、2017年の秋にもう一度 2018年の春にというご提案をルマンに再度 話した時にはルマン側も一番大変だったとき協力してくれた日本の文化交流団をまずは第一に考えたかったようで、、、以前の好条件では難しいとなりました。
そして 公的機関のPalais des Congres のご提供のみでしたら 協力しますということで 始まりました。
そしていろいろ条件がつきました。それはある意味仕方なく、、、

いろいろありましたが 2018年3月25日 無事にルマンのPalais des congres において草月のいけばなを通して日仏文化交流を行うことができました 当初20名限定でしたが 当日は9名の参加者となりました。第一回の試みとしては9名でも大成功 みなさん大満足で帰られました
IMG_6158.jpg IMG_6150.jpg IMG_6155.jpg
IMG_6146 a IMG_6151.jpg IMG_6157 a

IMG_6160 a IMG_6164 a



イベントを行うというのはとても大変で、、、通訳を誰にするか、構成はどうするか、滞在日程はなどなど その間ルマンへおくパンフレット作りでも悪戦苦闘。。。こちらがほしい画像がなかなか木戸先生にわかってもらえなかったり、木戸先生側はこちらの要求の意図がわからないで ちゃぶ台を何回もひっくりかえす思いをしていたり と たくさんたくさん バトルの末のイベントでした

ルマン側はもしできるなら次回はもっともっと盛大にアピールをしてと言ってくださいました。ということは大成功ということだと私は思っております。(木戸先生がまた来年行きたいと思ってくださるかは別として(笑))

文化を大切にするフランスで草月のいけばな紹介するお手伝いができたこととても誇りに思いまた感謝しております。
木戸先生 ありがとうございました

Mille Joies Planning
Mieko SATO