FC2ブログ
Mille Joies Planning
”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。
シルクステビア
プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

古沢良太さんに学ぶ
Bonjour

「ALWAYS 3丁目の夕日」や 「探偵はBarにいる」 とか聞いたこと 見たことあるでのはないでしょうか
日本アカデミー賞 最優秀脚本賞を受賞されている 脚本家・劇作家の古沢 良太さん。先日 NHKにでていて初めて こういう人だったのか、、、と知りました。 
発言がとてもいい。なんか視線が鋭くて それでいて優しい。繊細さを感じた。同感できました

特に印象に残ったのは 彼が「可哀相」ってことばを使うのが、なんか~っていってた事。確かに言われてみれば 「どこか上から」 的な感は否めない。私も結構まえから この「可哀相」って言葉 なかなか使えないな と思っていた一人です。犬や猫に対して使うのと 人間に対していうのとちょっと違う。

あと、一般的に 「常識」 とか「普通」とか言われていることが 本当にそれが常識なのか、普通なのか わからなくなるとも、、、、”大学までいって、 大手企業か公務員になって、30歳までには結婚し 子どもを2,3人もうけて” っていう「常識」 「普通」 これに当てはまらないと 「可哀相な人」 だという 通念。 確かに アルアル だ
そういうことなら 私も「可哀相な人」なのだけれど、、、それなら今の日本にどれだけ「可哀相な人」がいるのだろうか。。。 そして 「可哀相な人」 という枠に入っていない人が 幸せでいるのだろうか 

そもそも 「可哀相な人」って思うこと自体が 傲慢であり 上から目線。
見方を変えて あえてこの言葉を使うなら、「可哀相な人」は 世の不確かな「常識」にとらわれ、大学行きたいわけじゃないのに行って、とりあえず少しでも有名な給料のいいところに勤め 周りがしたから結婚して、 結婚したら子どもを産まないとだから生んで いざ 定年になったら その後の人生どうしたらいいかわからない、好きなこともないし できることもない、家庭では口もきかない夫婦関係になっていく  そんな人たちなのではと思ったりする。
大学行くか行かないかも 自分の意志のもと 結婚も 出産もだ、、、自分の意志で自分がきめていくこと、それをしていない人が多いから おかしな「常識」「普通」がまかり通る日本になってしまった気がしてならない。他人の目を気にしている人間があまりに多いこの日本は ちょっとここらで変わらないといけないと思うのだけど、、、

自分が(他からどうみられるかではなく)やりたいことをして、 自分で責任をとっていけばいい話。
他人がどうこういう話じゃない。少しまえ タレントの伊藤あさこさんが 憤慨してましたけど、、別に一人だからといって不幸じゃない。と・・・ 
要は 人間が100人いたら 100通りの生き方があっていいのだということなんじゃないでしょうか・・・ね。桜梅桃李。
私の廻りでも 桜梅桃李を声高に言う人はいるけれど いざ自分の思い込んでいる「常識」「普通」からはみ出ている人をみると 拒絶反応を起こす傲慢な人がどんだけ多いことか、、、口先だけじゃなく、本当の意味での一人一人を尊重できる人を目指したい。
そ- 思う人ばかりになったら 「可哀相な人」 なんて いう言葉は使えなくなるし、可哀相な人 はいなくなると思うのだけれど。

普通 って思っていること 常識って 自分が思い込んでいることを ちょっと考えてみる時間をとってもいいかもしれない。

Millejoies Planning
Mieko SATO

テーマ:作家 - ジャンル:本・雑誌

運と適応
Bonjour

最近政治家たちをみてて うんざり してましたが、、、久々に感動したというか、、、たまたまNHKの深夜の番組ではじめて知りました。ライフネット生命の創業者で 現在は立命館アジア太平洋大学学長の出口治明氏。。。無知でお恥ずかしい。 本も沢山書いておられる。

オンラインで学生さんたちにお話されてました。途中からみたのですが、、、吸い込まれるように見てしまいました 結構夜中の番組でいいのをやってますねNHK 見終わると だいたい 午前1時。こんないい番組はゴールデンタイムにしたらいいのに と思ったりしますが。

還暦からはいよいよそれまでの経験をいかしていける舞台だという。大 大 大賛成です

見ていて勇気がでました いくつになっても ワクワクドキドキしていたい。って思いました。
彼は年齢は すでに72歳ですけど とても72歳には見えません。こんな人が 政界にいたらどんなに日本はよくなるだろうと
思ったりして でもこういう人は政界にはいかないのです。

コロナの件でははっきりわかったと思いますが一寸先は闇です。人間にとって大事なのは詳細を見通したり、詳細な人生設計を立てたりすることではなく、何が起こっても生きていける適応力です。 と。。。。本当にそう思いますね。決して ダーウィンの言う賢いものや強いものが生き残るわけではないのです。人生や社会は全て「運と適応」なのです。とも・・・

今の日本は各年200万前後はいる団塊の世代が退場しつつある一方、新社会人は年100万人前後しかいません。この構造問題はそんなに簡単に解消しません。職種や場所さえ選ばなければ仕事は沢山あり、高齢者にとって楽勝の世界です。広く世界を見渡せば いくらでも生きていく道はあります。 とも。私が若かったころ 60歳以上で働くなんて絶対無理と思ってましたが、いまや日本は元気なら高齢でも働いてもらわないと 人が居ないのです。企業もできるだけ早くこの定年意識を改革したほうがいいと思います。それが企業が生き残る道です。 若い人の数は爆発的に増えないのですから。
そして 地方はもっと人が足りない。。。働くところは元気ならあります 健康でいることがこれから大事になりますね。

なんだか 楽しくなってきました これから何をしようかな

Mille Joies Planning
Mieko SATO

テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

結果がわかっている総裁選 意味なし
Bonjour

9月14日に行われる予定の総裁選。ご存知のとおり3名が立候補、菅氏、岸田氏、石破氏。
でも もうほぼ菅氏で決まっているとか それでも選挙する必要があるのか?? 私にはよくしくみがわかりません

そして なんだかびっくりしたのは あの政治評論家?だか なんだかよくわからない 田崎史郎の一言。
「結局 政策なんて関係ないんですよ。感情の問題です。人間ですから」 だって。えぇええええーーーーこんな発言をどや顔でいっちゃう人が メディアに出て 自分こそ内部を知っているみたいな顔してしゃべっていること自体 やばくないですか
ほんとに あんな人が まことしやかにメディアで話すのは聞きたくないですね

これから総裁になる人は 政策なんかどうでもよくて ただ身内の中で好かれていればいいの? 政治家が政策を捨てたら ただのジジイ じゃ~ん 言わなきゃいけないこと言わないで 可もなく不可もなしでいる 人から嫌われない人 日本の国のことなどどうでもいいってことですよ。国民がどうなろうとどうでもいいってことですよ。 国会内が丸く収まっていればそれでいいのですよ。
そんな人を自民は選んで当選させるのです。 馬鹿みたい それなら選挙なんかしないで 菅さんになります でいいじゃん。パフォーマンスする必要あるのか、、、?私のような しもじも のものはわかりかねます

菅さんがどういう人かは知りませんが、、、テレビでしか見られないし でもテレビで見る限り 私は 個人的にですよ、総理に立て付かないおとなしい女房役くらいかなと。 じゃなきゃ だまってあのアベのマスクは作らせない~~~ あのマスクのお金どぶに捨てたようなもんですわ。ま ほかにも沢山どぶに捨ててるから あれくらいどうでもいいか・・・

来年はオリンピックを控え(行われればですけど・・・) コロナの問題もかかえ、国の財源にも手をうたねばいけない 大変な時をリーダーシップをとって変革していかなくてはいけない。大丈夫なのでしょうか と不安に思っているのは私一人でしょうか・・・

個人的には 石破さんも好きじゃないけど(外見とか しゃべりかたとか 目つきとか・・・ ) でも どうしても彼を総理にしないようにしている空気を感じてしまうのは間違いですかね、、、だとしたら なぜそんなに彼が嫌われているのか。
私が嫌っている理由じゃなさそうなんで、、、おそらく 人間関係でしょうね。 政策なんて関係ないなら そりゃ人間関係が悪い人は総理にしたくない 自分の立場が危うくなる 保身。 あ~~~最低。最悪。
なんか どいつもこいつも って こういう時に使う言葉なのか と再認識した今日この頃。

きっともっともっと素晴らしい人がいるのでしょうが、、、そういう人は出てこれないようになっているのでしょうね


Mille Joies Planning
Mieko SATO

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

ファーブル写真展 閉幕
Bonjour

7月23日から行われていた 小諸高原美術館でのファーブルの世界 が昨日閉幕しました。当初は 8月23日で閉幕予定のところ、途中コロナの感染者が小諸で出たために 美術館を閉館せざるをえなくなり、その分延長されたようです。

8月末の時点で2000名の来場者を超えたということで 関係者の方々は喜んでいたようですが、、、2000名が凄いのかどうなのか そのあたりはよくわかりません。昨年と比べてということでしょうかね。

今年は オープニングの日にマルシェ を出したりして 昨年とは違い地元の企業が頑張ったようです 今まで何回もやってきて それをしてなかったのも不思議なくらいで。。。前回も書きましたが お役所仕事は取りあえず 問題なくやることが一番大事で 前例にないことをするのはとてもハードルが高いもの、、、今回のマルシェも結構苦労したようですが、(来年は今年聞いてもらえなかった要望を聞いてもらわないと と企業の人は思っているのでは・・・)
やってよければ 最初に示した難色を忘れ 来年もやりましょう となるわけです
それがもし失敗でもしていようものなら ほらみたことか になるのか。。。
本当に 今年マルシェをして 成功してよかったですよ たった1日オープニングの日だけってぇええのが。。。せめて期間中の土日ずっとやるとか、オープニングから3日間はやるとか。。 無理だったのか、、、提案したかどうかもわかりませんし、却下されたのかもしれませんが。

オープニングの日は小雨で 人が全然来られないな~~と落ち込んでいた私と私の友人をよそに 関係者は大喜びで 去年に比べたら雨なのにすごい人が来ていると。。。 
友人と目を合わせて この人数で大喜びなんだ 去年まで どんな写真展だったのかと驚いたこと思い出しました。
マルシェがよかったと言うのもあるかとは思いますけど、 オープニングの日のたった1日のイベントがそんなに 功を奏したとは思えず、、、おそらく分析するに 今年はコロナでみなさんお出かけになれない。海外旅行も国内旅行も。でも 夏休み期間中だし どこかいくところはないか、、、となったのも一つなのではないかと私は分析してます。(勝手に分析
でも来てみたら 意外といい写真展とわかり、、、きっと来年に期待するでしょう。 (写真展自体はとてもいいものです。とくに子供たちに沢山見てほしいと思います。) ただとにかく宣伝 告知が遅い 範囲が狭い 等 認知度はちょ~~低いからいいものしていても 知られてなくて、、、今年私はどれだけの人に個人的に声をかけたか、、、誰一人知りませんでした。そうなると自己満足の世界で終わってしまうので 勿体ないのですよ

そこでとても大事なのは 来年のイベント内容と告知になるわけです。今年とお~~んなじ事やったら アウト ってこと 行政人がわかっていること祈ります 来年はどこかの出版社が入るようなので 面白くなることを期待しています
 来年はコロナもおそらく解決し、となれば今年行けなかった旅行に夏休みは出かけます   。 ま、行政の方は 今年より沢山の人を来年呼ぶにはどうしたらいいか って発想があるかどうか わかりませんから。取りあえず仕事 なら問題ありません。 主催が小諸市じゃなくてお金がた~くさんある企業がやったら 遊び心を取り入れたとてもいい写真展になるんじゃないかな~~なんて勝手に思ったりして。どうしても市でやろうとすると予算の関係があるだろうし、やる人達がイベントになれてない公務員だから大変なのかもしれません。

私などは 日本中の人、ひいてはファーブルの国 フランスの人にも知ってもらいたい と思いますけど、、、ね

来年のことは誰もわかりません、なにが起こるかも。。。そんな時代だからこそ、、一つ一つに魂いれてと思います 

Mille Joies Planning
Mieko SATO

テーマ:信州 - ジャンル:地域情報

真実を見極める力
Bonjour

現代の教育はーアジア各国に共通することー”暗記”が強調されすぎていると語るのはフィリピンのデ・ラ・サール大学の学長ゴンザレス氏。 確かに日本も暗記していれば大学に入学できるという感が否めない。記憶力も大事ではあるが。どれだけ多くのことを覚えているか・・・が第一条件になっているように思う。 想像力を問う試験なんてほとんどありませんからね。
だから ONLINE授業になると試験ができなくなっちゃうのだ
学長は教えられることの意味が分からないままに暗記するー無意味。暗記教育を変えていかなくてはいけないとも。数字、事実関係などを単に暗記するのではなく、物事を評価し、判断する思考力とセンスを培っていく必要があると
本当にそう思います。

私が留学したフランスでは 常に イマジネ イマジネ と授業中言われた。考えてみろ 想像しろってことだ。そんな授業を私は日本の学校でうけたことは一度もなかった。それでも私は幸か不幸か、いつも言われるままを受け入れる性格じゃなかったので、つねにどうしてだろうと思って なんで?どうしてそうなるの?と。 だからフランスでの授業は苦痛ではなく 楽しかった。フランスでは私のように自分のわからないことを率直に聞く学生にとても優しい。それに対して なにも言わない(日本人はほとんど何もいわない)学生に対しては厳しい。だから 日本人で自分の頭で考えず 暗記してきた優等生は フランスでは優等生として扱われずやりにくそうだったのをいまでもはっきり覚えている。
それくらい教育というのは人間に影響する。どれだけ日本の教育が 自分の頭で考えることをさせないようにしてきた教育なのか、、、私は身をもって感じさせられた。 私は親にいつも「理屈を言うな 黙ってハイと言え、親に向かって口答えするな」と育てられた。でも私にとっては 口答えではなかった。納得いかないことを聞いただけだった。でもそれを理解されたことはなかった。黙ってハイと言えなんて 私にはとても屈辱的だった。それは今でも変わっていない。きっと親もそう育てられたのだろう。負の連鎖。

ゴンザレス学長は「私は思います。”何が真実で何が嘘なのか” - それを見分ける力を育てる教育へと変革していくべきだと
親の言うことは黙ってハイと言えという教育は 自分で考える力をそぎ落としてしまう。 だから親はどうしてそういうのか どうしてそうしなくてはいけないのかを きちんと説明しないといけないのだ。それが本来の教育。
そうすれば 実は本当に心から親を尊敬することができると私は思う。「問答無用」は力のない人間が振りかざす最後の手段だと私は昔から思っていた。

「真実を見極める力」 それがなければ社会の未来は暗黒。
今回 世界中がコロナで緊張している。そして情報も氾濫している。政治家も学者もいろんなことを言う。その中でだれが本当に国民を想っての発言なのか 「見極めていける力」 が問われている。耳障りであっても それが真実なら受け入れなければならないし、どんなに聞き心地がいいことでもそれが 偽りであれば 敢えて排除していかないといけない。
俺俺詐欺にしても もちろん巧みなやり口であるのは確かだが、何が真実かを見極める力をつけてこれなかった戦後の拝金主義の中で育った世代が多くは被害者となっている。 まずは自分で確かめる という作業が欠落し 言われるままに動く。そういう教育で育てられた人たちの欠陥をついた犯罪なのではと私は思う。

コロナ以上の問題が 今後 発生していくことは避けられない
もし 万が一 日本政府が今後戦争の方に走り始めたら それを言葉たくみに誘導したら 「これから戦争します」とは言わないに決まっている。 その時にに これは 「嘘だ」 真実はこうだ と見極める力があれば 防げるものだと私は信じます。国民が 馬鹿だと 政府の言いなりになる。 親のいうことは黙って聞け という教育と 軍国主義は リンクしている。
「見極める力」 を育てる教育をこれからは期待したい。親を尊敬し親孝行するのと なにも考えず黙って言うことを聞くのとは決して同じではない。親から聞き分けのいい子だと思われてきた子が 後に平気で高齢になった親を見捨てるという話は少なくない。

教育の大切さをひしひしと感じる。NOといえない日本人 きっとアジアの中でもダントツに自分の考えをもたない人種なのではと思う今日この頃。忖度などという言葉が 若い人が使う国なんて危機が迫っていると思うのは私だけだろうか。

Mille Joies Planning
Mieko SATO


テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育